■藤壷(ふじつぼ)


(1)血筋 光源氏の父である桐壺帝(きりつぼのみかど)から見た場合、先帝の内親王(ないしんのう)にあたる。
宮中での身分は女御(にょうご)から始まり、最後は中宮(ちゅうぐう)の位まで上り詰める。
(2)人柄
(3)データ 15歳で入内(にゅうだい)。源氏より5つ年上の継母にあたる。
光源氏の実母、亡くなった桐壺更衣(きりつぼのこうい)と瓜二つであり、源氏の初恋の相手である。
源氏が17才、藤壷が22才の時にレイプの形で一度結ばれる。次の逢瀬は一年後で、この時の密会により藤壷は不義の子を懐妊してしまう。その子供は帝の実子として育てられ、後に冷泉帝(れいぜいてい)となる。



姫君一覧に戻る TOPへ戻る 次の姫へ行く

Ads by TOK2