「HijackThis」実践編

0204 分類記号 ▼end

「HijackThis」でスキャンすると、問題が発生しやすいと思われる場所を点検して、その結果が一覧表示されます。

ログの各行の先頭には「記号」が付いていて、調査対象別に分類されています。

初めて、このリストを見たときは、ほとんど意味がわからず戸惑ってしまいますが、ある程度パソコンの知識がある方の場合、「記号」の意味がわかると、少しずつ、ログを解読できるようになります。

分類記号については、入門編で簡単に説明しましたが、実践編ではもっと具体的な例を使って、判りやすく説明したいと思います。

とりあえず、次のように分類表示されていることを知っていてください。

0301

R0〜3

IEスタートページと検索ページ

0302

F0〜1

「INI」ファイルによる起動設定

0303

N1〜4

NetScapeNavigator関連

0304

O1

Hostsファイル関連

0305

O2

Browser Helper Objects

0306

O3

IE toolbars

0307

O4

レジストリを使って起動

0308

O5

IEのオプション設定(ホームページ設定)

0309

O6

IEのオプション設定(アクセス制限)

0310

O7

レジストリエディターへのアクセス制限

0311

O8

IEの右クリックメニューの追加

0312

O9

IEのツールバーの追加

0313

O10 

Winsockのhijack

0314

O11

IEのオプション設定(CommonName関連)

0315

O12

IE plugins

0316

O13

IE DefaultPrefixの設定

0317

O14

ISPの設定変更

0318

O15

Trusted Zoneへの登録

0319

O16

Downloaded Program Filesへの登録

0320

O17

domainの設定

0321

O18

通信protocolの設定

0322 O19 スタイルシートのハイジャック

 

≪Prev ▲Top Next≫

end

Ads by TOK2