ツール
「msinfo32」

001 msinfo32.exe(システム情報) ▼end

C:\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\MSInfo\msinfo32.exe

Windowsに標準添付で「msinfo32.exe」(システム情報)というツールがあります。

以前は、「ファイル名を指定して実行」で「msinfo32.exe」と入れて実行できたんですが、WindowsXP・SP2へのバージョンアップで少し様子が変わってしまいました。

★「Help and Support」が「無効」

私の場合、いきなり下記のエラーになってしまいます。

「スタート」>「管理ツール」>「サービス」で「サービス」の画面を開き「Help and Support」を調べます。

なんと!「スタートアップの種類」が「無効」になっているではありませんか!

なぜかわかりません。ひょっとして、私の潜在意識のなせる技なのか?

★「Help and Support」の「開始」

「サービス」の画面で「Help and Support」を選択して右クリックし、メニューの「プロパティ」を選択。

「スタートアップの種類」を「手動」に切り替えて画面下の「適用」をクリック。

「サービスの状態:」が使用可能になるので「開始」をクリックして「OK」。

★「msinfo32.exe」の起動

改めて「ファイル名を指定して実行」で「msinfo32.exe」と入れて「OK」。

「msinfo32.exe」の画面が表示されると思いきや?

あれま? 「ヘルプとサポート センター」が表示されます。

どうやら「ヘルプとサポート センター」に統合されてしまったようです。

おやおや、沢山説明が並んでいますが、どれを選択すれば「msinfo32.exe」にたどり着くのかわかりません。

そこで一発、「ファイル名を指定して実行」で「msinfo32 /?」と入れて「OK」。

「msinfo32 /computer コンピュータ名」でいけそうです。

★「コンピュータ名」?

しかし、「コンピュータ名」といわれても・・・

デスクトップの「マイコンピューター」アイコンを右クリックして「プロパティ」

ありました。「コンピュータ名」は「dell」でした。

★「msinfo32.exe」の起動(その2)

今度は、「ファイル名を指定して実行」で、「msinfo32 /computer dell」と入れて「OK」。

やりました、やっと、「msinfo32」の画面の呼び出しに成功です。

以前は「システム情報」でしたが、今回は「ヘルプとサポート センター」という看板が出ています。

しかし、中身は殆ど変わっていないようです。

★スタートアップリスト

この画面で、「ソフトウエア環境」>「スタートアッププログラム」を選択すると右側に一覧が表示されます。

さらに、メニューの「ファイル」「エキスポート」で、スタートアップリストを出力出来ます。

しかし、私の例では、「msinfo32」で出力できたのは28項目に対し、「Autoruns」のほうは75項目と、圧倒的に検出対象が違っていました。

いまどきのスパイウエアの場合、この程度の解析能力では、殆ど解決できないのです。

また「Autoruns」のようにファイルフォルダにジャンプしたり、プロパティを表示する機能等もありません。

スタートアップリストの作成と検証については「msinfo32」の時代は終わってしまったようです。

≪Prev ▲Top Next≫

end

Ads by TOK2