インターネットセキュリティ
SpywareBlaster

0000 はじめに ▼end

「Spybot-S&D」の「Immunize」画面で、「SpywareBlaster」についての情報が表示されています。

「SpywareBlaster」を併用することで、ActiveXコントロールを使って、スパイウエアがインストールされるのを防ぐ機能を強化することが出来ます。

日本語環境に対応

ところが、私たちの日本語環境では、今まで、非常に残念なことに、「SpywareBlaster」をインストールできませんでした。

今回、「Spybot-S&D」を日本語化された、Koniさんのページを拝見して、新しいバージョン(2.6)が公開され、私たちの日本語環境でも使えるようになったことがわかりました。

参照(ブラウザーの「戻る」で、この画面に戻ってください。)

Koniさんのページ
http://bdc.s15.xrea.com:8080/flight/

「SpywareBlaster」の最新バージョンは下記のサイトでダウンロードできます。

参照(ブラウザーの「戻る」で、この画面に戻ってください。)

「SpywareBlaster」Ver.2.6 
http://www.javacoolsoftware.com/spywareblaster.html

早速ダウンロードし、起動して驚いたのは、私の場合、300以上の新しいアイテムが登録できたことです。

常駐ソフトではありません

「SpywareBlaster」は、常駐ソフトではありません。

必要な設定をレジストリに書き込んで、あとはプログラムを終了させることが出来ますので、メモリに負担になりません。

簡単復旧

もし、駆除してはいけないActiveXコントロ−ルを駆除してしまった場合でも、簡単に元通りに復旧できるように工夫されています。

レジストリの書込み、書き換え等も、プログラムが自動的に実行してくれますので、初心者の方でも(比較的???)安心して使える、素晴らしいソフトだということがわかりました。

System Snapshot

Windowsの「システムの復元機能」によく似ています。

使いやすさは「SpywareBlaster」のほうが抜群!

機能比較?私には、まだ、出来ません。

★トラッキングクッキー

「SpywareBlaster」のもう一つの特徴は、クッキーにも対応していることです。

色々なサイトにアクセスしていると、スパイウエア同様のクッキーファイルが、ビジターのハードディスクに、勝手に書き込まれてしまいます。

ためしに、あなたのクッキーフォルダを開いてみてください。

"C:\Documents and Settings\(ユーザー名)\Cookies"

普段からクッキーを管理している方の場合を除いて、削除していいのかどうかわからないまま、沢山のクッキーが保存されていると思います。

「SpywareBlaster」の定義ファイルには、テストの結果、削除しても悪影響を及ぼさないと判定されたスパイウエア/トラッキングクッキーもリストアップされています。

★Cookies Manager

「Cookies Manager」という便利なソフトがあります。使い方も簡単です。参考にしてください。

参照(ブラウザーの「戻る」で、この画面に戻ってください。)

「Cookies Manager」
http://home.nordnet.fr/~pmdevigne/

最近、この種のソフトのアメリカのサイトは、何でもかんでもシェアウエアになってしまいつつあります。

なかには、どうしてこんなものが、こんなに高いのだろう、ということも多くなってしまいました。

その反対に、ヨーロッパのサイトでは、どうしてこんなものが、フリーウエアなんだろう、ということもあります。

嬉しいことに、日本も負けては居ません。どうしてこんな素晴らしいものが、フリーウエアなんだろう、ということがたくさんあります。

以下、「SpywareBlaster」のヘルプファイルを参考に、「SpywareBlaster」のご紹介です。

目次へ ▲Top Next≫

end

Ads by TOK2