2001年12月 地域の公民館で味噌作りの講習会に参加しました
そこで出会った曙大豆の美味しさの虜になった私(笑)
講師の先生との話の中で 手前味噌を作ってみたいなと
そう思い出しました
畑を始めるきっかけだった手前味噌
今は講師の先生のご好意で 自分の借りてる畑と(種大豆頂きました)
山梨県は南部町の畑の一部をお借りする事にして
(お借りすると言うよりは 現在は少しお手伝い程度で
生育を比較してるという感じに変わってます)
手前味噌への奮闘記録を付けることにしました(笑)
畑に関しては素人の私 いろんな方のアドバイスを得て
見事 味噌までたどり着けるか?????(; ̄ー ̄川 アセアセ




これが師匠(講師の先生の事です (笑)
から頂いた 曙大豆の種豆
大豆で有名なのは
北海道の鶴の子大豆が有名ですが
それに引けを取らない良い大豆^^
山梨県は中富町曙地区で
主に栽培されてる大豆ですが
違う地方で育てても 
なかなか大きくならないんだそう・・
私の所とも気候が違うので
心配してたんだな・・
そしたら 師匠が
「とりあえず蒔いてみる事だよ」と
励ましてくださった
私が借りてる畑では 
手前味噌を作るの程作る場所がない
だから 山梨の南部町の師匠の畑でも
作らせていただく事にしました
気候の変化が 
どう大豆の出来に作用するか?
師匠も興味があるようです(笑)
ま・・自分の畑では
実験みたいなもんかなぁ?(笑)
大豆の大きさがわからないので
一円玉を横に置いてみました

気難しい大豆ちゃん・・・
ご機嫌損ねないで 
ちゃんと実をつけてねぇ・・・・
君の出来次第で 味噌が作れるかどうかが
かかってるのよ〜〜〜〜〜〜(笑)
こちらが 山梨県南部町の
私がお借りする予定の
畑の一部(笑)
多分 隅っこ借りてやります(^-^;
本業は主婦なのでなかなか通えないし
大豆なら 手間が余りかからないので
ここで作る事を決意しました

師匠の大豆の作り方は 土作りから
EMボカシを使った発酵した土壌を作り
そこで大豆を育ててるんだそう・・・
山間ののどかな空気の綺麗な畑でね 
だから美味しい大豆が出来るんだろうね
私が住んでる所の近くとは 気候も違うが
害虫なども種類が違うんだって
山梨の気候によく合った大豆なのかなぁ?
甘くて 大きくて味は最高^^
豆腐でもいけるだろうな・・(じゅる)
枝豆も美味しいらしいです(笑)
これが師匠が作っているEMボカシの堆肥
主に豆腐を作った後の
おからと ぬか もみがらに
ボカシを混ぜて一ヶ月寝かすそう
それを大豆畑に蒔く他に 
鶏の餌としても利用している
これを食べた鶏の糞は臭くないのよ・・
ビックリ・・・
勿論鶏糞も 堆肥に使うそうです^^
私も 安く分けていただいたり 
お世話になりました(^-^;




Ads by TOK2