橋本

 

 

先日、ある県外のお方から高松の仏生山町にある「橋本製麺」についての問い合わせメールが

パソコンに届いた。 橋本製麺…とな…? そんな店、聞いたことないがな(^^;

うどん屋調査隊(?)の私としては、見過ごす訳にもいかん。

調べてみたら、HPに紹介してる人もいる。 あの「恐さぬ」にも幻の麺として載っているらしい。

看板も暖簾も何も無いので見落とす可能性大とのこと。 

しかも完全な製麺所のため、My丼を持参しないと食べれないらしい…。 なんか、非常にそそられます(笑)

ちょうど今日は有休取ってて、西の方のちょびっとヒマなオッサンとうどん食べることになってたので、

二人分の丼、箸、醤油、ネギまで用意した。 10時頃に迎えに来てくれたので家を出て目的地へと向かった。

場所は旧塩江街道沿いで、その辺りに近づいたところで車のスピードを落とし、目を凝らしながら走る。

もか 「あ〜〜〜っ! 今のとこ、なんかそれっぽい!」  オッサン、車を停める。

やはりそうだ。 ガラス戸をガラガラと開けると、「橋本」と書かれたせいろが高く積まれている。

店の奥で製麺作業をしている。 年配のご夫婦でされているようだ。

おじさんに 「ここでは食べれんのですか?」と聞いてみたら、やはり 「うちは玉売りだけやけんなぁ。」とのこと。

もか 「丼持って来たんですけど…。」   おじ 「アハハ、持って来たんな。ほな入れてあげるで。」

良かった♪ 別のHPで「玉を買って外に出て車の中で食べた。」とか「神社で食べた。」と書いてあったから…。

でも店内には食べるスペースが無いわけではない。 小さなテーブルと椅子が置いてある。

うどん1玉60円・・・ めちゃ安い! 私は持って来た丼にうどん1玉入れてもらい、オッサンは「生そば」。

醤油は店のをかけてくれた。 テーブルの上でゴソゴソと持参したネギを取り出してかけ、

これまた持参の箸を出すと 「どっか遠くからおいでたんな?」と聞かれた。 もか「高松です・・・(照)」

それから食べている間、ご夫婦は私らのそばに居て、おじさんが色々話してくれた。

だいたい朝の10時頃に1回目のうどんが出来て、それから夕方まで1日に4〜5回作っているとのこと。

ということは、出来てからあまり時間の経っていない良い状態の麺が食べられる可能性が高いということやね。

こういう形の完全な製麺所では、朝一にドバ〜〜〜っと1度に製麺してしまうから、午後から行くと

茹でてから数時間経った麺になってる場合が多いもんなぁ・・・。

で、こちらの麺、とっても美味しかったです! コシが強く、ちゃんと小麦粉の香りのする「味のある麺」です。

生そばも味見しましたが、やはりコシが強い! 因みにそばも60円。 今時60円で食べられるとは感激!

興味のある方は、Myうどんグッズ一式を持参の上、コソーッと静かに行ってみて下さい。

昔ながらの製麺所うどんが食べられます。

                                                              '05. 1.26

営業時間: 10:00頃〜夕暮れまで

無休


うどん1玉 60円


生そばも60円


向かいのこれが目印

                             

50音別

地域別

 


Ads by TOK2