(まどか)

 

うどん仲間のせんめんきさんが、

「男木島にウマいうどん食える店があるんぞー」というので

布団さんと3人で行ってみることになり、

午前10:00、高松港出発のフェリーに乗り込んだ。

※男木島は、高松港から船で約40分のところにある

周囲4.7キロ、人口250人弱の小さな島。

でも「高松市」なのである。

その店名は「(まどか)」。 ここでうどんを食べるには、2日前までに要予約

「完全予約制」 なのだ。 すご〜〜〜〜〜いっ!

うどん目当てのお客さんがいつ来るかわからんのに、打って待っとけんわなぁ(笑)

で、ワタシらご一行様(3名)は、高松港からはるばる

船に乗ってこの男木島までやって来た。

船を降りたら前方のやや上方辺りに目をやると

まどか」と書かれた看板が目に入る。

徒歩3分程度じゃん。 近い♪

店に入って 「こんにちわ〜!うどんの予約をしといた者です。」 と挨拶して席に着いた。

せんさんが事前に予約を入れてくれてたのだ。

ここの店はうどん屋ではない。 色んなお食事メニューがある。

予約して食べれるうどんは 「ひしおぶっかけ」 の1種類のみ。

「ひしお」とは、男木島名物の「味噌」みたいなもん。

帰りの船まで2時間以上もあるじゃんっ! これは飲み食いしもって時間潰さないかんよね〜〜〜♪

「すんません、生中3っつ!」

うどんが出来るまで、ビール飲みながら待っとこ♪

ちょっとして、うどんが運ばれて来た。 ウマそぉ〜〜〜〜〜♪

赤い天ぷらは何かと思ったら「梅干し」だった。 あと、千切りの青じその葉も乗ってる。 

「ひしお」が全体に絡むようによく混ぜて

ズズ〜〜〜〜〜っ・・・    ウマ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪

やや太めのしっかりした麺に、このひしおはとてもよく合う! 

こんなのは初めて食べた。 いやぁ〜、はるばるやって来た甲斐があった!

しかも、高級っぽいニュアンスの「完全予約制」のわりには、250円という拍子抜けする安さ(笑)

メニューにあった「うどん焼」も気になって聞いてみたけど、やはりこれは冷凍のうどんを使ってるとのこと。

しか〜〜〜しっ、ここで素直に引き下がることは出来ない(何がやねんっ)

「あのぉ、手打ちのうどん、まだ残ってるんちゃいます?それでうどん焼きは出来ないですかぁ?」

「ありますよ。じゃあそれで作りましょうかね。」

わ〜〜〜〜〜い♪ 言ってみるもんじゃのぉ (人´∀`).☆.。.:*・°

特製のうどん焼きは、キャベツや肉などの具がたくさん入っててボリュームがある。

麺はコシがあってプリプリしてる♪ こんな贅沢なうどん焼きは食べたことがないわっ(笑)

他に、イカの刺身や地ダコの天ぷら等を食べ、ワタシ以外のおっさん2人はしこたまビールを飲み

この店を後にした。

エエ店やったね〜〜〜〜〜ヽ(* ̄▽ ̄*)/

                                                          '07. 7.22

営業時間: 9:00〜19:00

定休日: 水曜

 

50音別

地域別

 


Ads by TOK2