HOME 犬舎の紹介 ブリーディング情報 ドッグショー
子犬育児ノウハウ アニマルセラピー 尾内聖和ハンドラー パピヨンの可愛らしさ

[ 初めて犬を飼う方へ ]

仔犬についてお問い合わせを頂く方の中に初めて犬を飼われる方もかなりおられ, 色々お話しをさせて頂いたり,逆にお話しを伺っていますが, その中で 感じた事をいくつか書いてみます。 初めて犬を飼われる方に ひとつの考え方としてご参考になれば と 思います。

(1) パピヨンのオス と メス はどちらが良い?

(2) パピヨンの長所/短所

 このページにたどりついた方はパピヨン大好きの方が大部分だと思いますが,初めて犬を飼うので,パピヨンが良さそうだけど 迷っている という方からのお問い合わせもありますので そういう方の為にまとめてみます。  
 まずは 「あなたにはどの犬種が合うか?」というような市販の犬種選択ガイドブックが色々ありますので そちらを読んでみて下さい。
 このページはパピヨン大好きの立場から書いていますので その点をご了解願います。(他の犬種が好きな方は 読みとばして下さい)
 さて 初めて犬を飼う場合 特に室内犬を飼う場合,色々心配になります。 

1) 吠えてうるさいか? 

 最近は犬OKのマンションが増えていますが,それでも 吠える犬かどうかは気になります。 一日中吠えていると 隣や上下の階へ迷惑がかかり,それがもとで隣人関係がこじれたり,ノイローゼになる人もいます。(訴訟になった例もあります)  
普段は吠えなくても 訪問者に吠えたり,(見知らぬ人に吠えるのはある程度はやむを得ないですが,止め という指示に従って欲しいものです。) 外へ散歩や買い物に出かけた時に吠えまくったりすると,犬を連れて出かけたり,人と会ったりする事が楽しくなくなってしまいます。 田舎ならともかく 都会で犬を飼う場合は この 吠えるかどうか という事が 犬と楽しく暮らせるかどうかの大きなポイントのひとつでしょう。
 
 一般的に言って 小型犬は 吠える犬が多いようです。
 特に ビーグルはスヌーピーのモデルで可愛いですが,元々野うさぎ狩用として吠えさせる為に作り出された犬種です。 また ポメラニアン,トイプードル,マルチーズ,チワワ,ヨークシャテリア などの小形犬は性格的に 神経質でしかも気が強い面があるので 吠え癖がつきやすいと言われています。 一方 キャバリアのようにほとんど無駄吠えをしないという犬種もあります。

 では パピヨン はどうでしょうか? 基本的には 神経質ではないので 吠える犬ではありません。 但し 環境によっては 吠えるようになってしまうケースもあります。 また 1頭だとほとんど吠えないのですが,多頭飼いの場合 吠えやすくなるようです。(これはパピヨンに限らず,他の犬種でもそうです) つまり パピヨンは 個性の違いや環境の違いで吠えたり,吠えなかったりする事はあるものの,犬種全体として言うと 吠えない方だと思われます。

 飼い主が一緒の場合には 吠えず,いない場合は見知らぬ人には吠えるが,飼い主からの指示ですぐ吠え止む というように しつけが出来ると 非常に飼い易い犬だと思います。( やってみて上手くいかない場合は 躾け教室に通うと 大丈夫です)


2) 手入れは大変か?

 マルチーズ,シーズー,ヨークシャテリア,プードル等 毛が長くて綺麗な犬を見ると 「まあ 綺麗。でも手入れが大変だ。」と思う人が多いようですし,事実そのようです。 人間以上に美容院代がかかるという話も聞きます。 あまり 手入れが大変だと 毎日の世話が出来ないし,美容院代も高くつくのはたまらない とお考えの方もいらっしゃいます。

 また 毛が長いと それだけ たくさん毛が抜けて 室内での掃除が大変です。 トイプードルは見かけと違って 毛が飛び散らないのでアレルギーの人には向いていると言われます。

 パピヨン は 非常に手入れが楽な犬種なのです。  コート自体をカットする必要がありませんので 特に美容院にいく必要は有りません。 むしろ パピヨンを知らないトリマーにかかると コートを適当にカットされとしまい, 泣くに泣けない事になってしまいます。 シャンプーやつめ切り,足裏の手入れ,肛門絞りなど 自分でできますが, 出来ない場合や初めての場合は 美容院や動物病院でついでの時にやって貰えば OKです。 本来の毛質はシルキーでさらさらしており, 手入れをしなくとも 絡まったりしません。 勿論 皮膚の為には ブラッシングをした方が良いのですが, ブラッシングをしないと 毛がもつれたり,絡まったり...という事はありません。 シーズンを除いて 抜け毛も非常に少ない方です。 犬独特の匂いも少ないので 1頭だけの場合は 初めてのお客様が来られても 犬がいるとは分からないでしょう。

 全く 手入れをしないで良いと言っているのでは有りません。 他の犬種と比較して 手入れが非常に楽な犬種だと言っているだけで,愛犬に対する手入れそのものは必要です。 ただ 毎日しなければいけないとか,神経質になる必要がないだけ楽です。


3) しつけやすいか? 

 このしつけに関して言うと 犬種の違いよりも 人間の方に依存すると思います。 つまり 本人は一生懸命 しつけをしている積もりでも 実際は逆になっているケースが多いように思います。 例えば頭が良い犬種なので しつければきちんとできます と言われて飼っても 躾けの方法が間違っていると 頭が良いだけに 人間を馬鹿にし出したり, 人間が意図しない躾けになってしまったりします。 そうなってから この犬は頭が悪いから躾けがなってない と 腹を立てても 犬が可哀相です。

 敢えて 言うと ポメラニアン等は 頭が良くて好奇心も旺盛で 躾けがしやすいと言われます。

 一方 ダックスは 自尊心が強く ガンコな面があり, ヨーキーは 神経質な面があり,それぞれ 躾けに苦労する事が多いと言われます。

 パピヨンは 非常に頭が良く 学習能力が高いので (しつけの方法が正しいと)躾けのしやすい犬種です。 ボーダーコリーと並んで知性と運動能力が共に高いので この2つの犬種はアジリティにも向いています。

 でも 例えば トイレを教えなくても大丈夫,何もしなくても生まれつき大丈夫 というのではなく ,どんな犬でも躾けは必要で,その時の学習能力に程度の差がある と 考えるのがよいと思います。


4) 病気は多いか? 

 別の所で書きましたが,純血種では遺伝的疾患に悩んでいる犬種が多いなかで, パピヨンは比較的 遺伝的疾患の少ない犬種だと言えます。 勿論 毎年 ワクチンや検診は欠かせませんが,パピヨンの体型や性質を理解して 事故や病気を予防していれば 15〜16年の天命を全うするパピヨンは多いようです。


5) 運動は?

 パピヨンは フランス王朝の貴族に愛好された事から 膝の上や 小脇に抱えられて ちょこんと おとなしくしている犬 という印象を持っておられる方もいます。 確かに小型で軽い(3〜4Kg)ので どこに連れて行くのも楽ですし,片手で軽く持てます。
 しかし 運動量という観点から言うと コーギー,シーズー,ダックス,キャバリア,マルチーズと同じく,活動的な犬なので 散歩は必須です。 部屋の中でも活発に飛び回ります。 年寄りの方は それを心配される方もおられますが, いつまでも飛び跳ねている訳でも有りませんので,いっときだけ 安全に気をつけて 自由運動をさせてやれば 後は 大人しく言う事を聞きます。


6) 結論

 どの犬種にするかは 飼って見てから そんなはずではなかったと思っても 取り換えられませんので 事前に色々本を読んだり, 経験者に話を聞いたりして 充分検討する必要があります。
 あれこれ 迷うより 直感というか その子犬に 出会った時のインスピレーションで決めた方が間違いがないとも言えます。

 でも 私は やはり パピヨン が一番だと思います。

(3) パピヨンの最適な入手方法

(4) パピヨンを飼う目的(その1)

HOME 犬舎の紹介 ブリーディング情報 ドッグショー
子犬育児ノウハウ アニマルセラピー 尾内聖和ハンドラー パピヨンの可愛らしさ
















Ads by TOK2