ボディースロー


このページは体の様々な部位をボールを通す技を特集します。


アンダー・ザ・レッグ(難易度:☆☆)


 足の下を通す技です。リフトバウンスの時とフォースバウンスの時と投げ方が違います。

リフトバウンスの場合
 地面にバウンドをした瞬間に通るようにします。「あんたがたどこさ」でやるような感覚ですね。上げる足はどちらでもいいでしょう。 そんなに難しくないので、リフトバウンスが続く人でしたら、すぐにできるようになるでしょう。

フォースバウンスの場合
 (左の絵参照)地面に向かって投げた瞬間に、手と同じ側の足を上げるのがいいでしょう。右手からだったら右足をということですね。無論、逆足でもいいのですが、やや難易度が上がります。

 一回おきに左右交互の足で、駆け足をするような感じでやるのもいいですね。これは、大変難しい技です。
トレブラ(難易度:☆☆☆)


 背中の後ろから股の下を通し、体の前面に出すという技です。胸をできるだけ反らせ、 なるべく前面にバウンドさせるのがいいでしょう。最初のうちは膝が曲がってしまってもし方ありませんが、理想なのは膝を曲げずに、やや肩幅より広く足を開くのがいいでしょう。普通は、フォースバウンスからつなげます。

 連続でやるとかなり見栄えがしますよ。
ビハインド・ザ・バック(難易度:☆☆☆☆)


 背中の後ろを通すのはなかなか難しいので、手を背中の後ろを通して体の横で 真下に落とすような感じでやりましょう。
 バッククロス(連続背中の後ろ)も、トス同様に難しい技です。体の横カスケードも体の柔かい人であれば出来る筈。
アルバート(難易度:☆☆☆☆☆)


 これも通常はフォースバウンスで行います。トレブラとは逆に、体の前面から股の下を通し、背後でボールをキャッチするという大変難しい技です。単発で行うのであればまあまあできるかと思われますが、連続でやるのは大変難しい。(クラブでやる時は、股の下から手を入れて体の前面にクラブを投げるのですが。バウンスボールではそれをやるのは難しいですしね。)
 最初のうち、単発でやる時は、片足を前に出して、慣れてきたら足を後ろに戻して、できるだけ足を開き、ボールは体の横に飛ばせるように投げましょう。
 これを連続でやったら、相当すごいとおもいます。


バウンスボールのトップページに戻る



ジャグリングのトップページにもどる



Ads by TOK2