フォロー・ザ・リーダー


Step 1
 フォロー・ザ・リーダーとは、1つのボールを2回跳ねさせて、二つのボールのバウンスのタイミングがまったく同じタイミングになるようにバウンドさせるという技です。(どんな技かはStep3を先に見て下さい)

 まずは、1つで練習です。フォースバウンスと同じような強さで投げ落とすか、リフトバウンスよりは、若干上に投げ上げる感じでボールを落とし、ボールが2回バウンドしたところで左手でキャッチします。この時、1回目と2回目に跳ねる場所が別々になるように、また、跳ねる場所同士を線で結んだと気、それが体と平行になるように心がけましょう。
 この技をやるだけならば、右手から左手の向きだけでいいのですが、今後の発展のためにも、左から右も練習しておきましょう。  
Step 2
 続いて、2個でやってみましょう。
 同じ手に2つのボールを持ってスタートです。
 まず、青ボールを落とします。
 青ボールがワンバウンドしたところです。だいたい、ボールが頂点の所に来るまで、タイミングを見ていましょう。
 タイミングを見計らって、赤ボールを落とします。ボールの跳ねる音が重なって聞こえるようになるまで、練習してみましょう。
 青ボールをキャッチします。この時、赤ボールはもう1回バウンドします。
 赤ボールをキャッチ。余裕があったら、青ボールを右手にもう一度戻す練習もして置きましょう。
 2つの跳ねる場所は、だいたい一致していたでしょうか?そして、その2点を結ぶと、体と平行になるようにボールは跳ねていたでしょうか?
 これらの点を確認しながら、練習を繰り返してみましょう。
Step 3
 さて、いよいよ3つのボールに挑戦です。右手に2つ、左手に1つのボールを持ってはじめましょう。ボールが増えても、コツは1つや2つの時と同じ。上に書いたコツを、意識してやるようにしましょう。
 まずは、青ボールを落とします。
 赤ボールを落としたあとは、緑ボールを渡さなくてはなりません。それを意識しつつ、青ボールが頂上にくるのを待ちます。
 青ボールと赤ボールが同期して跳ねるように赤ボールを落とすタイミングを見計らいましょう。空いた手に緑ボールを渡します。手渡しをする感覚です。
 青ボールと赤ボールが同期して跳ねたところです。青ボールをキャッチします。
 緑ボールは、赤ボールと同期して跳ねるように落とします。なお、キャッチした青ボールは、もう渡すことを意識しなくてはなりません。青ボールを手渡しします。
 赤ボールと緑ボールが同期して跳ねたところです。赤ボールをキャッチします。
 青ボールをタイミングを見計らって落とし、赤ボールを手渡します。以下、この動作を繰り返します。これが、フォロー・ザ・リーダーバウンスです。バウンスを3回に増やせば、4つのボールでも出来ますし、応用技の利く技ですね。

 技をやっていると、どんどん軌道が斜めになってしまうのは、落としたところが平行になっていないのが原因です。2個で練習するなどして、軌道の修正をかけましょう。
 自分が一定のところでできず、回転してしまったり、あるいは、ボール同士がぶつかるのは、一定の場所にボールが落ちていないのが原因です。特に、この技は2回のバウンスが必要なので、一定の場所で跳ねさせるのは大変難しいです。(なお、一回目のバウンスと二回目のバウンスが同じ場所、という意味ではありませんよ、念のため。)


バウンスボールのトップページに戻る



ジャグリングのトップページにもどる



Ads by TOK2