リフトバウンス・カスケード


Step 1
 さて、まずは、最初の技、「リフトバウンス・カスケード」に挑戦してみましょう。


 まずは、一つのボールからです。
 左図のように、一つのボールを軽く投げたあと、床にワンバウンドさせて、手元に戻ってきたところをキャッチする練習から始めてみましょう。
 この時、いくつかのコツがあるのでそれを紹介したいと思います。

 まず、最初の姿勢。軽く両足を開き、胸の前あたりに両手を構えて置きましょう。落とす時は、手の平が上を向いている状態から投げ上げずに落とすのがいいでしょう。

 目は、落下地点に固定します。と、いうより、見下ろした時に、両手と落下地点が視野の中にすべて入るので、目線はさほど問題ないかと思います。

 自分が、ラインをまたがって立っていると考えてください。この時、右側から落としたボールはラインの左側に落ちるように落とすことがポイントです。

 そして、跳ね帰って来たボールを、左手で取りにいくのではなく、左手の高さまで上がってきたところを取るようにします。すなわち、最初に落とす時点で手元に戻ってくるように投げる訳です。
 右手ができるようになったら、左手からもやってみます。

 何回か練習してみて、常に同じ場所に落とせるくらいの感覚になるまで、1つで練習してみましょう。
Step 2
 続いて、2個でやってみましょう。
 1個の時の感覚を忘れないように、上のアドバイスを踏まえてやりましょう。まずは、2つのボールを左右の手に1つずつ持って、軽く両足を開きます。そして、右手に持ったボール(以降、青ボールと表記します)を、(自分がまたがっていると想定している)ラインの左側に落ちるように、手の平が上を向いている状態から、投げ上げずに落とします。
 次に赤ボールを落とします。大体、青ボールが床に落ちて、上にあがってきた所くらいの時に落とすのがいいと思います。
 これは、トスジャグリングのカスケードと同じで、「取る前に投げる」ということを意識してやってみましょう。
 青ボールをキャッチします。左手が、取りにいくのではなく、ボールが左手の高さまであがってくるのをまって、そこでとりましょう。挿絵では手の平が下を向いていますが、手の平はだいたい横(内側)か、上を向くくらいがちょうどいいです。
 赤ボールもキャッチします。この練習を、左右両方から、安定するまで繰り返してみてください。
Step 3
 さて、いよいよ3つのボールに挑戦です。右手に2つ、左手に1つのボールを持ってはじめましょう。ボールが増えても、コツは1つや2つの時と同じ。上に書いたコツを、意識してやるようにしましょう。
 まずは、青ボールを落とします。
 2個の時と同じタイミングで赤ボールを落とします。
 青ボールをキャッチした直後、さらに、緑ボールを落とします。タイミングというか、コツはトスジャグリングのカスケードと一緒です。あわてず、ボールが手の高さまで来たところをおとしましょう。
 最初のうちは、青、赤、緑と落とした時点で終わってください。これで、全てキャッチすれば「3ボールリフトバウンスカスケード」のフラッシュが完成です。しかし、慣れて来たら、だんだん回数を増やしていきましょう。
 その後も、「取る前に投げる」の繰り返しで、青、赤、緑の順にリズムよくボールを落としていきましょう。

 前後にずれてしまう場合は、一定の所にボールが落ちていないのが原因です。2つ以下にボールを戻して、繰り返し練習をして、一定の所に落とすことができるようにしましょう。
 どんどん前に行ってしまうのは、投げるタイミングが悪いのが原因、あるいは、多少上に投げ上げてしまっているのが原因です。手の平から、「落とすように」投げ、落としたときの音が、タン、タン、タンと、リズム良く聞こえるようになるように心がけましょう。


バウンスボールのトップページに戻る



ジャグリングのトップページにもどる



Ads by TOK2