4シガーの技の特集

 さて、3シガーボックスの技がそろそろ安定してきて、いよいよシガーボックスを極めようと 思ってきました。
 そこで、シガーボックスを一つ増やし、4シガーボックスをやることにします。
 まずは、3シガーを応用してできる技を一通りやっておきましょう。

技名 難易度
端返し、持ち替え ☆☆☆☆☆  まずは何はさておき、3シガー同様端返しや持ち替えから行うことにします。これはまぁ、解説するまでも無いと思います。両端を同時に持ち替えるのは、基本とはいえ難しいですよ。
フラッシュ ☆☆☆☆☆  全てのシガーボックスを投げ上げてそのままキャッチするというもの。上記両端同時持ち替えと同様、最初のうちは難しいですよ。3つのとき以上に、平行にあげるのがポイントですね。
中抜き ☆☆☆☆☆☆  さて、いよいよ中抜きです。右手で抜くときは、左手で持っているシガーボックスの隣の箱を 抜くことになります。  3シガーボックスの外抜きを、左手を上から持つかわりに、左から挟み込んでいるといった所でしょうか。
外抜き ☆☆☆☆☆☆☆  外抜きになると、中抜き等と比べて、かなり難易度が高くなります。
 と、いうのも、空中に浮いているシガーボックスが3つに増えるのです。この状況で挟み込むのはなかなか大変です。
手渡し ☆☆☆☆☆☆☆  外抜きよりも手渡しの方が楽かもしれません。
 やはり、この時も空中にあるシガーボックスは3つになっているので、そのシガーボックスを つかむのは大変なのですが、手を広く交差させる必要がありませんので。
 手渡しは、足の下や背中の後ろでもすることができますね。また、手渡しのあと、中抜き(中といっても3つシガーの逆端になるわけですが)を抜くことになりますが。
両抜き ☆☆☆☆☆☆☆☆  4シガーの両抜きは、本当に左右同時に正確に抜かないとなりません。それでないと、中央の 二つのシガーボックスが崩れてしまいます。
 抜く時も、左右均等の力で抜かなければならないので、最初のうちは相当苦労するでしょう。
コンベア ☆☆☆☆☆☆☆☆  端のシガーボックスを平行に投げ上げ、逆の端に持ってくる技です。これは、3シガーと同様の感覚でやることができるとおもいますが、もともとの技のレベルが高いので、難易度も高めです。
 当然コンベア中抜きも出来ますが、相当難しいですよ。
手の中回転等 ☆☆☆☆☆☆☆  片手のシガーボックスを手の中で半回転させたり、裏表をひっくり返したりすることもできるでしょう。手の中回転&中抜きもできますね。
 また、中央の2つのシガーボックスを「裏返し」の要領で裏表ひっくり返すことも出来ますが、 これまた相当な難易度で、空中で分解してしまいます。
足の下 ☆☆☆☆☆☆☆☆  3つのシガーと1つのシガーに分解することで、足の下を通すこともできます。これは、足の下を一気に通せば、割と簡単に通すことができます。
 また、片手をあけて、片手に4つのシガーボックスを保持すると言う荒技もできます。
背中の後ろ ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆  3つのシガーと1つのシガーに分解することで、背中の後ろも通せるでしょう。しかし、これは、背中の後ろで挟み込むこともさることながら、体の横を通すことだけで相当な難易度でしょう。
 特に、背中の後ろから戻すことができる人がいるならば、その人は相当なシガーボックスの使い手であると確信していいでしょう。
大回転、世界一周等 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆  この技を手をびしっとのばし、ばっちり決めることができれば、観客は相当驚くことでしょう。 おそらく、4シガーの技の中では、最高難易度の技の一つでしょう。特に、大回転は、クロスして キャッチをするので、それを保持するだけでも大変です。
ピルエット ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆  中央の2つのシガーボックスを飛ばすのは別の意味で難しいのでここではおいておきます。 3アップピルエット、4アップピルエットが出来るはずですが、これの難しい所は、回転したあとに キャッチして、シガーボックスが崩れないかどうか。
 正確なフラッシュと、正確な挟み込みの両方が必要です。



シガーボックスのトップページにもどる



Ads by TOK2