分離技


 混合技に絡めやすい技といえば、ひっつけとボディースロー系の技(足の下、背中の後ろなど)、そして、手の中回転です。前者二つが技の終わりに絡めるのに対し、手の中回転は技の前に絡める技です。今回は、手の中回転を絡めた、「分離技」系の技を特集します。



名前難易度
フルフリップ
(手の中回転>端返し)
☆☆☆☆☆ 手の中回転をした後に、端返しをやります。すると、シガーボックスは丁度一回転をすることになります。
逆端投げ
(手の中回転>中抜き)
☆☆☆☆☆ 手の中回転をした後に、中抜きをします。「端投げ」の外側のシガーボックスの回転が、逆になっている、という技です。やっていると、難易度はまったく違いますが、見栄え的には、あまり変わらないでしょう。両側のシガーボックスを手の中回転をさせることもできます。
セパレート
(手の中回転>外抜き)
☆☆☆☆☆ 手の中回転をした後に、外抜きをするという技です。三つのシガーボックスが一瞬全て離れるので、魅了度の高い技です。手の中回転などの技が出来れば、簡単にできる技でしょう。外抜きのかわりに、大回転を決めることもできるでしょう。
セパレート>外抜き
(手の中回転>段違い両抜き)
☆☆☆☆☆☆ 手の中回転をした後に、両抜きをするという技ですが、回転させる分だけ遅らせるので、感覚的には段違い両抜きをやる感じでしょう。回転がしっかりしていなければ、シガーボックスの側面などをつかんでしまうことになってしまいます。両側のシガーボックスの手の中回転をした後に両抜きをやることが出来れば、かなり見栄えのする技になるでしょう。


シガーボックスのトップページにもどる



Ads by TOK2