スタート技の特集


 ボールのスリースタートと同じようにシガーボックスにもスタートの技が何種類かあります。 今回は、その中から最も代表的な二つの技を紹介します。




スリー・スタート
 今回に限っては、真上から見た状態です。
 三つのシガーボックスを図のように組み、両側から手の平でおさえつけます。そして、地面と平行に勢いよく回転をつけます。
 シガーボックスが回転することで、3つのシガーボックスの間にずれが生じます。
 回転がうまくいかなかったりする時は、手を離すタイミングを変えてみましょう。
 ずらしたシガーボックス両側をつかみ、体と平行になったところではさみこみます。



キックアップスタート
 キックアップと言うからには、足を使うのです。普段左手で持っている部分を右手で持ち、普段右手で持っている箱を横から足で押さえます。これを、矢印のように思いっきり持ち上げます。
 ただし、なるべく足で保持する時間を長めにしましょう。足で左手に渡すくらいの感覚でやるのがいいですね。
 足で保持していたシガーボックスを左手に持ち替えます。中央のシガーボックスのみが空中で回転します。
 回転をするシガーボックスが空中で回転しているのを両手に持ったシガーボックスで挟み込むってわけです。けっこう簡単な割には見栄えのするお勧めの技ですね。



シガーボックスのトップページにもどる



Ads by TOK2