ワンボール・ハイ・アップ



 カスケードから、一つだけボールを高く投げる技です。

 


 まずは、カスケードをやっているところからです。


 一つ、ボールを高く上げます。カスケードのストロークの長さが必要な理由は、ここにあるわけです。
 ボールは最初のうちは高さはそんなに必要ではありません。普段のカスケードの高さよりも若干高いくらい。
 慣れてきたらだんだん高くしていくようにしましょう。
 ここがポイントなのですが、
・普段カスケードをやっている高さまでボールが落ちて来るのを待って次のボールを投げる
のを心がけましょう。
 初心者がやると、落ちて来るのを待たずに、上の方に手を持っていってしまう時があります。その気持ちはわかりますが、そうすると、球が乱れてしまいます。ちゃんと、手元に戻って来るのを待ってカスケードに戻します。


 カスケードを続けます。




 さてさて、それでは、この技の応用技を考えてみましょう。



投げ入れスタート

 ボールを左右の手に一つずつ持っていて、誰か、別の人にボールを投げ入れてもらいます。これをきっかけにカスケードをはじめるという物です。
 これは、この章で解説した一つ高く投げ上げるという部分を他人にやってもらうだけで、ワンボールハイアップと何ら変わりはありません。




アンダー・ザ・レッグ(足の下)

 この技の高く投げる部分を足の下を通してみましょう。


 いきなりやるのは大変ですから、一球からはじめて見ます。あなたが右利きであるならば、右手から左足の下を通す練習をしてみましょう。この章で解説した技と同じように、普段カスケードをやっている位置にボールが来るのを待ってキャッチする様に心がけましょう。また、そのような位置にボールが来るように心がけることも大切です。

 次は二球です。左→右で、右手から投げる球を左足の下を通してみます。すなわち、後半投げる球を足の下を通すわけですね。それができたら、右→左で、やはり、右から投げる球を左足の下を通してみます。これは、前半の球を足の下を通すわけです。こちらの方が難しいでしょう。

 さあ、これができましたら、三球に増やします、右→左→右で、最後の右を足の下を通してみましょう。これは、二球の応用ですね。それができたら、右→左→右で足の下を通した後、さらに左→右と続けてみます。さらに、今までは三球目を足の下を通していましたが、五球目、七球目と数を増やしていき、最終的には、どのタイミングでも足の下を通せるようにして行きましょう。


ビハインド・ザ・バック(背中の後ろ)

 この技の高く投げる部分を背中の後ろを通してみましょう。


 これも、アンダー・ザ・レッグと同じで、段階を踏んでやるようにしましょう。


ワンアップ・ピルエット

 この技で高く投げている間にあなたが一回転をするという技です。


 この技については、フラッシュ&ピルエットのページで詳しく説明してあります。





ボール講座に戻る



Ads by TOK2