4ボール・オーバーザトップ


 4ボールの複雑なサイトスワップの第1段階は、この技です。 4ボール・オーバーザトップというのは、竜半が勝手につけた名前で、 正式名称のような物はありません。
 サイトスワップ表記で言うと、ファウンテインをしている最中に「53」という 動作をいれることを示しています。これは、ファウンテインをしている最中に、 空中へ一つボールが高く上がり、その間に1キャッチだけカスケードが 入るという、見てもあまりわからないのですが、なかなか難しい技です。




4
4
 まずは、ファウンテインが続くことが条件です。
イラスト下の数字は、サイトスワップを示します。




5
3
 ここで、一つのボール(図では青ボール)を外側から投げます。青ボールは、ファウンテインの高さの1.5倍くらいの高さで投げるのがいいでしょう。
 さらに、次に投げる球(緑ボール)は、カスケードと同じ軌道を描く様に少々低めに 別の手に投げます。




4
4
4
 後は、ファウンテインを続けるだけです。上の段階で、 高さを調節することで案外簡単に出来てしまう技です。




 これが出来たら、次のステップに進みましょう。次のステップは、 「4−テニス」 です。


ボール講座に戻る



Ads by TOK2