リバース



 リバース(またはリバースカスケード)とは、カスケードに似た技です。
 カスケードは、前に投げたボールの内側を通す技ですが、 リバースは、外側を通す技であります。もちろん、難易度はカスケードより高いです。





青ボールを投げ上げました。
まずは青ボールを投げましょう。


赤ボールを、青ボールの外側に投げ上げます。 赤ボールを投げ上げる軌道が、カスケードとは違います。
内側ではなく、外側に向けてボールを投げます。



同じように白ボールを外側を通します。
白ボールを投げます。外側を通すことを意識してください。



続いて、青ボール、赤、白、のように外側を通しつづけます。
カスケードに慣れてくると、両腕が円を描くような動きをします。 通常のカスケードは、左手が逆時計回り、右手が時計回りなのに対し、 リバースは左手が時計回り、右手が逆時計回りと、カスケードと逆の動きをします。 カスケードを安定して続けることができる人ならば、リバースのマスターには苦労しないでしょう。



それでは、実際に練習をしてみましょう。





ボール講座のトップに戻る



Ads by TOK2