3ボールスタート



 スタート並びにフィニッシュは、ジャグリングをより華麗に見せるために 欠かせない存在です。
 ここでは、代表的なスタートを練習して見ることにしましょう。 「3ボールスタート」 と呼ばれる物です。




親指と薬指小指で二つのボールを、人差し指と中指でもう一つをつかみます。 3ボールスタートは、片方の手ではじめる物です。
最初のつかみ方が肝心で、図のように持ちます。
ドラゴンの手では判りにくいと思いますが、これは、 親指と薬指、小指で二つのボールをつかみ、残りの二本の指で 1つのボールをつかんでいる状態です。



手首を返します。 手首を使ってボールを投げます。
図では、白ボールの移動距離が一番大きいことがわかるでしょうか。




投げます 手首を十分に使って投げます。
すると、てこの原理で白ボールが一番高く上がります。
実際には、赤ボールも青ボールより若干高く上がります。



クローキャッチです。 ボールをキャッチするときに、手の平を下に向け、下に向かってつかむ様に 取ります。(これをクローキャッチと言います。)
左右の手は、ほぼ同時にボールを取らないと間に合いません。



すぐにボールを投げます。 白ボールが落ちてきます。すぐに青ボールを投げて、カスケードをはじめてください。




足の下からはじめてみましょう そのままやっていたのではまだまだ見栄えが悪いので、 足の下からやってみましょう。
背中の後ろからはじめるとさらにかっこいいです。



フィニッシュの練習はこちら。





ボール講座のトップに戻る



Ads by TOK2