初心者のためのディアボロ難易度表(仮)

 初心者の皆さんのために作成しました。練習の目安にしてくだされば幸いです。



技名 解説

難易度 1
目安:ディアボロをはじめたばかりの方

ローリングスタート  (右利きの場合)体の右側に地面にディアボロを置いた状態から、左に向かって大きくディアボロを転がし、そのまま持ち上げることでディアボロを回転させる。
傾きの修正  ディアボロが自分から見て手前、あるいは奥に傾いてしまった場合に、地面に対して平行に修正する。
 傾きを直す時は、手前が高くなっている場合は、利き手を手前に引き、そのまま回転を加えることで傾きを修正できる。奥が高くなっている場合は、利き手を奥に押して回転を加える。

難易度 2
目安:ディアボロを安定させて回転させることができるようになった人

トス(ハイトス)  ディアボロを投げ上げる。糸を張る動作を調節することで真上に上げる。
 キャッチをする時は、しっかりと糸を張り、利き手に持ったハンドスティックの先端でディアボロの中心を狙うとよい。
 最初は頭上のを超えるくらいの高さで練習し、あとから高く投げ上げる練習をしてみよう。
エレベーター  利き手に持ったハンドスティックを利用して糸を一周ディアボロの軸に絡みつけさせる。
 ここで糸を張ると、ディアボロは糸を伝って上昇する。
 絡ませる糸を奥側にすることで、上に登りきった後も、スムーズに元の動作に戻すことができる。
クロスオーバー  (右利きの場合)ディアボロを右から左に糸上を転がす動作を大きくし、手を交差させて横に鋭く転がす技。単純に利き腕を上下させる転がし方よりはるかに強い回転をディアボロに与えることができる。

難易度 3
目安:クロスオーバーができるようになった人

ストップオーバー  ディアボロを左に大きく振ることで、左のハンドスティックのまわりを糸の上に乗せたままぐるりと回し、そのまま糸の上に乗せる。すなわち、この時ディアボロには二重に糸が絡んでいることになる。
 この時、そのまま糸を張れば元の状態に戻る。
 右のハンドスティックでも同様にできる。
アラウンド・ザ・レッグ  (右利きの場合)ディアボロのある位置よりも左側の部分の糸に上から足をのせ、そのまま 右のハンドスティックを真上に上げ、足に糸を引っ掛けると、ディアボロが跳ねあがる。
 そのまま、足の左側にディアボロをひっかける。
 すなわち、足の回りをディアボロが回ることになる。
クロスアーム・キャッチ  ディアボロを上に投げ上げた後、腕を交差させた状態で落ちてくるディアボロをキャッチするという技。
 また、クロスしたまま上に投げ上げてキャッチする練習も同様にやってみよう。
スロウスタート  最初にはじめる時に、地面を転がさずに、手に持った状態から回転をつけて投げ上げ、それを糸に掛けて回し始めると言う技。
 投げ上げる方法は色々な種類がある。

難易度 4
目安:ディアボロが大分安定して転がせるようになった人

アラウンド・ジ・アーム  アラウンド・ザ・レッグと同様に腕の回りを回す技。まずは、(右利きの場合は)右手の周りを回してみよう。右手の肘を糸の中にいれ、右のハンドスティックを内側を向けるようにやる。
スピードループ  ディアボロに糸を巻きつけ、直線的にディアボロを振ることでディアボロに回転をつけるもの。クロスオーバーよりも回転がつく。
チャイニーズアクセラレーション  ディアボロに糸を巻きつけた状態で円を描くようにディアボロを振り、ディアボロに回転をつける。 スピードループの発展形。厳密な違いは無いであろう。
サン(サンズ)  (右利きの場合)ディアボロを糸に掛けたまま左側にふって、両側のスティックの間を通すように ぐるりと一周させる。
ピルエット  ディアボロをトスしている間に自身が一回転してそのままキャッチするもの。ハイトスが高ければ簡単だし、低ければスピードが必要となってくる。

難易度 5
目安:スピードループ等で回転をつけるようになった人

リキャプチャー  (右利きの場合)左側のハンドスティックの方にディアボロを寄せておき、ちょっと軽く投げ上げたところに、上から糸をくるむように絡める。
キャッツクレイドル  (右利きの場合)リキャプチャーなどで糸の反対側にディアボロを引っ掛けた後、右側のハンドスティックで左側のハンドスティックに近い側の糸を持ち上げ、左のハンドスティックでその間を再び開く。すると、丁度あやとりのような形になる。
 このままディアボロを上に投げあげられ、糸が交差しているところでキャッチすることができる。
グラインド  ディアボロをハンドスティックの上に乗せて回転させるという技。
 (右利きの場合)最初は左を向いて右手のハンドスティックに乗せてみよう。回転力が弱まらないうちに ディアボロを投げ、そのまま糸の上に戻す。
アラウンド・ザ・ワールド  (右利きの場合)サン同様の動きをするが、両方のハンドスティックの間を通さず、もう一方のハンドスティックに添えるような形でディアボロを回す。このままでは絡まってしまうので、ハンドスティックを持ち直す必要がある。
マジックノット  特定の絡め方をディアボロにすることで、ディアボロは絡まずにするりと糸を抜ける。
 見ていて非常に不思議なので、是非とも覚えておきたい。
ビハインド・ザ・バック・キャッチ  ディアボロを投げた後、体の後ろに糸を持って来て、そのまま体の後ろでキャッチする。

難易度 6
目安:糸とディアボロの関係がわかってきた人

フライフィッシング(ウィップ)  ディアボロが空中にある間に、片方の手で両方のハンドスティックを持ち、ディアボロに片方の糸だけがひっかかるように振り下ろす。ディアボロは、そのまま糸にひっかかる。
スティックリリース  (右利きの場合)サンズ同様ディアボロを左に大きく振り、ディアボロが頂点に達する直前くらいのタイミングで右スティックをはなす。右スティックは弧を描き、手元に戻ってくる。
アラウンド・ザ・ボース・レッグス  いわゆる「股の下」である。左足の下と右足の下を交互に通すという技。股の下を通っている間に逆側の足の回りを通る様にハンドスティックを移動させる。
スクープ
(アラウンド・ジ・アーム・スクープ)
 (右利きの場合)アラウンドジアームをやっている最中に、ディアボロを軽く投げ、左手でリキャプチャーする。 その勢いのまま、右手の回りを逆回転させるようにぐるっとディアボロを回し、 すると、右側の糸の上にディアボロが乗った状態になるという技。 ここからまた連続してスクープしたり、アラウンドジアームに戻ったりできる。
アンブレラ(UFO)  ディアボロをハンドスティックより上で左右に円弧ができるように振る技。 往復させる時は、ぴたりと止まってすぐ反対に移動させる。
グラインドパス  グラインドを行っている状態で、ディアボロを投げ上げた後、逆の手のハンドスティックに乗せかえたり、別の位置でキャッチしたりする。

難易度 7
目安:そろそろ2ディアボロを……と思っている人

ウィンドミル  2個回しのこと。1つを回している最中に両手でハンドスティックを持ち、スロウスタートなどでもう1つのディアボロを投げ入れ、そのディアボロは、あらかじめ回っているディアボロより利き手側でキャッチする。すると、この瞬間あらかじめ回っていた側のディアボロが跳ねあがるので、それを逆手に持ったハンドスティックで内側に投げる。あとはそれを繰り返す。
 主に利き手のみを動かして、ディアボロを回転させる。
アラウンド・ザ・レッグ・テニス  アラウンド・ザ・レッグをして、ディアボロを投げて足の上を越えてキャッチした後、足の下を通さず、もう一度投げて足の上を通し、逆側でキャッチする。 このパスは、普通に手渡しをする他に、足の下でのパスや、背中の後ろのパスがある。
アラウンド・ザ・ボディー  ビハインド・ザ・バックキャッチでディアボロをキャッチした後、背中の後ろに糸を通したまま、体の反対側にディアボロを送り、アラウンド・ザ・レッグ等と同じ要領でディアボロを飛ばし、再び背中の後ろでディアボロをキャッチする。
アラウンド・ザ・ボース・アームズ  両腕の周りでディアボロを回すというもの。また、∞を描くようにディアボロを回すこともできる。

難易度 8以上
目安:ディアボロが大好きになってしまった人

ダブルピルエット  ディアボロを高く投げ上げている最中に二回転するというもの。高く投げ上げられれば二回転することは難しくはないが、素早く回転すれば魅了度は各段に上がる。
ビハインド・ザ・バック・フライフィッシング  ディアボロを背中の後ろでフライフィッッシングするというもの。ただし、振り下げるのではなく 振り上げる所がポイントである。
ダブルスティックリリース  (右利きの場合)スティックリリースを行っている時、左手のハンドスティックを利用して右手のハンドスティックをもう一周回す。
2ディアボロ・スピードループ  ウィンドミルの最中に、スピードループやチャイニーズアクセラレーションの要領で一周糸を絡ませ、そのまま回転をつけるというもの。
ストール 2このディアボロの間に腕や足などの「柱」となるようなものを入れ、2つのディアボロを別個に回すというもの。
2ディアボロハイトス 2ディアボロを交互に高く投げ続けるというもの。適切な高さがある。


監修   ファリウさん


レベル表のページに戻る

ジャグリングのトップページへ
Ads by TOK2