初心者のためのボール難易度表(仮)

 初心者の皆さんのために作成しました。練習の目安にしてくだされば幸いです。



技名 解説

難易度 1
目安:ジャグリングをはじめたばかりの方

3ボール・カスケード  左右の手交互に一つずつボールを交差させて投げる、ジャグリングの最も基本となる技。
2ボール・イン・ワンハンド(内回し)  片方の手で二つのボールを交互に投げ続けるという物。ただし、この時、ボールは内側から外側に回す。

難易度 2
目安:3ボール・カスケードが30キャッチ越えた人

1ボールハイアップ  3ボールカスケードをしている最中に一つだけボールを高く投げ上げるという物。
オーバー・ザ・トップ  3ボールカスケードをしている最中に、一つのボールを、他のボールの軌道よりも外側に向けて投げるという物。
参考 リバースカスケード
2ボール・イン・ワンハンド(外回し・コラム・逆手)  片方の手で二つのボールを交互に投げ続けるという物。外回しとは内回しと逆の向きに回すということ、コラムとは、ボールが回らないように、常に縦に投げるということ。また、利き手とは逆の手でやってみる。

難易度 3
目安:3ボール・カスケードが50キャッチ越えた人

アンダー・ザ・レッグ  3ボールをしている最中に、一つのボールを足の下を通すと言う物。
参考 1ボールハイアップ
リバース・カスケード  全てのボールを「オーバー・ザ・トップ」で投げるというもの。外回し。
ハーフ・シャワー  片手から投げるボール全てを「オーバー・ザ・トップ」で投げるという物。
ワンアップ・ツーアップ  1つのボールと、2つのボールを交互に投げるという投げ方。 

難易度 4
目安:3ボール・カスケードが100キャッチ越えた人

シャワー  常に一方の手で手渡し、一方の手から高く投げると言う事を続ける投げ方。日本式お手玉。
テニス  「オーバー・ザ・トップ」を、左右の手で交互に行うという物。同じ玉が常に外側を通るということになる。
ワンアップ・ツーアップの派生技  「ワンアップ・ツーアップ」において、ボールを左右に動かしたり、2つのボールを交差させたりする。
ワンアップ・ツーアップのフェイク(偽者)、ヨーヨー  「2・イン・ワンハンド」のコラムス(縦に動くのみの動作)をしている最中に、もう一方の手に持ったボールを上下に動かすというもの。外側のボールとあわせて上下させれば「ワンアップ・ツーアップのフェイク」、内側のボールとあわせて上下させれば「ヨーヨー」と呼ばれる。
アンダー・ジ・アーム  3ボール・カスケードをしている最中に、一つのボールを腕の下を通して投げるという物。

難易度 5
目安:3ボール・カスケードが安定して続くようになった人

4ボール・ファウンテン  2ボール・イン・ワンハンドを両手で行うことで、4つのボールをジャグるもの。4つのボールの基本技である。回し方は左右交互でも、左右が同時に投げてもいい。通常は、「ファウンテン」と言った場合は前者を指し、後者のことは「シンクロ・ファウンテン」と呼ぶが、前者のことを特に「アンシンクロ・ファウンテン」と呼ぶこともある。
441  上に投げる→上に投げる→手渡しという動作を続ける物。
3ボール・1アップ・ピルエット  一つのボールを投げ上げている間にジャグラー自身が一回転をして落ちてきたボールをとって続けるという物。
スパイラル  腕を交差→元に戻すという動作を繰り返すことによって、常にボールが同じ方向に回りつづけるという技。「フォールスシャワー」「ウィンドミル」ともいう。 
クローキャッチ・カスケード  上からボールをつかむという方法でカスケードを続けるというもの。 
ビハインド・ザ・バック  一つのボールを背中の後ろから投げ、前に戻してくるというもの。
参考 ワンボール・ハイアップ
3スタート  3つのボールをいっぺんに投げ上げ、そこからカスケードなどをするというもの。
シャワー・アンダー・ザ・レッグ  シャワーをやっている最中に手渡しのボールを足の下で手渡すという物。
参考 シャワーの応用技

難易度 6
目安:3ボールの基本的な技を一通り覚えた人

ミルズ・メス  腕を交互に交差させながら、ボールを∞の形を描くように投げる技。
3ボールフラッシュ  カスケードをしている時に、3つのボールを全て投げ上げ、一度、両手の中にボールが一つも入っていない状態を作っておいて、その後、落ちてきたボールをカスケードに戻すという物。
バークス・バラージ  「ワンアップ・ツーアップのフェイク」の発展技で、これを左右交互に行うものであるが、この時、ボールを持っている片腕を大きく振りまわすというもの。
逆シャワー  「シャワー」を逆回しに行うというもの。
ロボット  2ボール・イン・ワンハンドの中の方側のボールと、もう一方の手で持っている一つのボールを3キャッチに1回交換するというもの。
4ボール・コラムス  「4ボール・ファウンテン」を行う時に、ボールが回らないように上下のみの動きをするもの。左右交互でも左右同時でもよい。
ハイ・ロー・シャワー  シャワーをやっている最中に一つのボールを高く投げ上げている最中に手元で二つのボールを入れ替えるというもの。「追いぬきシャワー」ともいう。
参考 シャワーの応用技

難易度 7
目安:4ボール・ファウンテンが安定した人

ボックス(シーソー)  凹の形のようにボールを動かす技で、左右のボールを交互に上に投げつつ、下でボールを手渡しするという技。
エクスチェンジ  ロボットが3回に1回の交換なのに対し、エクスチェンジは2回に1回の交換になるものである。
ネックキャッチ・フィニッシュ  カスケードをやっている最中に、一つのボールを高く投げ上げ、首の後ろを使ってキャッチするというもの。
4ボール・オーバー・ザ・トップ  4ボール・ファウンテンをしている時に、片一方の手から高く投げ上げている最中に下で1キャッチだけカスケードをし、落ちてきたボールを混ぜて4ボール・ファウンテンに戻すというもの。
4ボール・クロス・シンクロ・ファウンテン  4ボール・シンクロ・ファウンテンを、常にボールが交差しつづけるように投げるという物。

難易度 8
目安:そろそろ5ボールをやってみようかなと思っている人

5ボール・カスケード  5つのボールを使ったカスケード。
4ボール・シャワー  4つのボールを使ったシャワー。
参考 シャワーの応用技
4ボール・ハーフシャワー  4つのボールを使ったハーフシャワー。



レベル表のページに戻る

ジャグリングのトップページへ
Ads by TOK2