スパイラル



 手を交差させる系のトリック(技)の中で、もっとも単純な動きをするものです。左右の手が、らせん状に動くものです。


 
 まず、このページでは、スパイラルという技が、 どんな技かをお見せいたします。
 スパイラルとは、名前の通り、手の動きが らせん状になっていることから名前がついたものかと思われます。
 ボールの動きに注目してください。常に体の右側で 投げ、左側でキャッチしていることがわかるでしょうか?
 左図では、クロスの(手が交差した)状態でボールを投げています。
 クロスの状態でボールを投げる時、(図では)左手は右手の下を通ります。(以前の「ドラゴンの挑戦」の解説では、左手が右手の上を通る様にイラストが描かれていました。)
 実際スパイラルをやる時は、どちらでもいいのですが、腕の下から投げた方がやりやすいと思われます。
 クロスの状態でボールをキャッチしたあとに腕のクロスを解きます。
 腕同士が当たらないように、腕の高さをずらしておくといいですね。
 オープンの状態(腕のクロスを解いた状態)で、右手から ボールを投げます。
 このように、クロスとオープンを交互に繰り返して ボールを投げるのがスパイラルです。
 別名として、「ウィンドミル」「フォールスシャワー」 といった名前で呼ばれることもあります。


スパイラルの練習をする


ボール講座に戻る



Ads by TOK2