青ヶ島2日目

今日は大凸部へ行きます。
今日も良い天気になりました。

昨夜は大雨が降り、風も強く、テントはバタバタと煩かった。
雨が降るとは予想外でした。
これが島の天気なのでしょうか。
今日はよく歩きました。
水平の道は火口内のみ、他は坂道なのだ。
累積+で1200m。
楽しすぎて、1200mという体感なしでした。
テント場から大通りに出て役場までヒッチハイクしました。
合図したら止まってくれました。
合図しないと止まってくれません。(昨日では)

軽トラの土建業をしているおっちゃんでした。
ありがとうございました。
おっちゃんは言う。「明日の船で帰るんだよ」と。
お店の前を通り
発電所の前を通り
鳥居の向こうを左折します。
手入れして頂いており、気分良く登れます。
苔むした道を歩きます。
展望台に到着です。
お店から15分くらいですね。
楽々に登れます。
絶海の眺め〜いくぞぉ〜
きたぁ〜
プリン山と汚れ無き青い海
そして、ひとり占め!

ぐるりと一隻も漁船がいない海を初めて見た!
輝く丸い海
眼下は要塞と青い海
ここでどんな生活をしているのでしょうか。
急に見えるが、歩いてみるとそんなにです。
キャンプ場は左下にあり、不毛地の境目です。
2重カルデラ 良い眺めです。
好天に恵まれたことに感謝です。
玉石を登って、展望公園に行こうと思います。
草が覆って玉石が見えないところもあります。

登るのは簡単だろうと、登っておりましたら(3点支持)
足を滑らしたところ、ズルズルと止まりません。
8段くらい滑って止まりました。

その後は気を入れて登りました。
上に行くごとに角度が増すのです。

ここに玉石を敷いたことに驚きです。
神社です。
ちゃちゃっと通り抜けます。不気味なのだ。
神社から下りになります。
ちがった角度で
公園到着です。ここでも貸切でした。
ここは人工物あり過ぎです。
しかし、眺めは最高!
夜来て、星を眺めたいね。
ヘリ到着。漁船1隻出動。
ヘリは降りて直ぐ、離陸しました。
また、大凸部へ戻ります。
玉石一歩一歩真剣にバックで降りました。(3点支持)
同じ景色を貸切で3時間ほど滞在した。
なかなか離れることが出来なかった。
地元の方が散歩で登ってきた。
たけさんに向かって、この犬やたらと吠えるんです。
煩すぎていやになり、ここを離れることになりました。
地元の方と話ししたかったなぁ
降りる途中で1箇所 眺めることができます。
大凸部分岐に戻ってきました。
次は右を進んでみます。
どこを見ても汚れ無き 青い海
道は急な下りとなりました。
太平洋の真ん中で角2本の堤防に、
島の厳しさがわかる
工事は一旦終了のようです。
資材はそのままだ
道路はここで途切れる。
道は登って下りの繰り返しです。
お店に寄ってみます。
ほとんどのものが揃っております。
お酒もあり。青酎もあり。
おっちゃんが施工した道路の壁
溶岩から一つ一つ整形して施工したようです。
隙間少なく作ってますね
こんどは大千代港にやってきました。
西日で陰になってます。
真下に小さく大千代港が見えます。
予備の港として作ろうとしたのだろうか。
東側になるため波は大きい。
他人のレポから降りれる場所を知っていたが、
いざ来て見ると途中降りる場所が判らない。
2度ほど諦めかけたほどであった。
ロ−プを伝って降りてきたら、ボウボウに道が無い。
眺めていたら、中央に鉄パイプ発見。
揺すって丈夫さを確認し、ソロリソロリ降下した。
アルミ階段は凄い様相である
ソロリソロリ
ソロリソロリ
階段が崩れれば、隣のロ−プで登るしかない。
今日はここまで
波が高くて、波しぶきが届く。
あと30mの標高差であった。
堤防を波が洗う
ここまで来たことを良しとしよう。
青ヶ島の冒険楽しいですね。

 

Ads by TOK2