八剣山
2015,6,16

今日、北海道を去る日。

昨日は芦別岳を歩いてヘロヘロになったのに、
もう一つ登ろうと深夜ココに来た。

早朝一登りして、その後フェリ−に乗る魂胆です。


そばにはトイレがあるのだけど、時間制限で閉まっていた。
時間制限なしで、いつも開放とできないものでしょうか。

 
 
短時間で一周できます。
快晴という予定だったのに、山頂には雲が・・・ この界隈ではでかい建物の八剣山ワイナリ−です。
柵がありますが、左端を進むとスム−ズに通過可 おっと!尖ってますね。山頂が楽しみです。
林道から分かれます。 かなり人気の山のようです。


しっかりと道がありますが、長い登りが続きます。

下りにすると滑って転びそうです。
もうすぐ尾根。
なんと、雲は滝雲でした。
想像もしていなかったので、滝雲に感動!
滝雲が終わるまで動けなかった。


一人きりっの山頂は広かった。

ここを登ると山頂です。
素晴らしい眺めです。
靴も過酷な芦別を歩いた後なので、くたびれています。
絶壁です!
岩の上を歩いているように見えるのだけれど、ほんとに歩けるのだろうか。
次回、時間たっぷりで探りたい。
尾根を反対側に少し下ってみると一輪咲いていた。
水滴がキラキラと輝いていたので撮ってみたのだが・・・
おぉっ! プロカメラマンが居た。
一眼カメラが小さく見えるほどの大きな望遠レンズに驚く。
重量はどれほどか?これを2set持っていたよ。

鳥を待っているようですが、今は鳥が見えない。
相手次第だから、忍耐が必要。
下界を眺めてみます。
大都市の近くで、こういう長閑なところで暮らしてみたいね。
滝雲が終わったら、快晴になりました。
最高の眺めです。
反対側に降り始めてすぐの眺めです。
狭い尾根を歩いてみたかったけど、カメラマンが待ちに入っておりましたので諦めました。
左側を下ります。
振り返ると尖っておりました。 最後の展望場所。
相手にしてもらえなかった。 駐車場を借りられるというレポを読んでいたが、
深夜では停めることを遠慮した。
山頂部だけに不思議な岩群だったな。
山頂では、
まことに、恐竜の背中!だった。

これで予定はすべて終わった。
風呂は、フェリ−で入ることにして、身体を拭いただけで
急いで小樽へ向かった。
出航50分前に無事到着。

北海道は何度来ても良いものですね。

Ads by TOK2