聖岳を歩く

聖岳→奥聖→聖岳→薊畑分岐→便ヶ島

2004、11、23 前聖  7:04
    快晴 奥聖  7:24
前聖  8:23
下山開始 10:00
小聖 10:45
薊畑分岐 11:25
西沢渡 13:40
便ヶ島 14:20


夜はめっちゃ長かったぁ〜〜

5時目覚ましが鳴る。
依然、風が吹いていて外は寒そうだ。
東の空が明るくなるまで寝袋の中で待機した。

何分待機したのだろう?
布越しに焼けて来るのが判った。
レインウエア上下着込みテントから出た。

うぉぉぉ---っ ピ−カンだ!雲一つ無い!
素晴らしい天気だ。
でも、風があるからとても寒い!
手袋はオ−バ−手袋と二重である。

デジカメと水は、寝袋の中へ入れていっしょに寝た。
水は凍ってなく、デジカメも動いて一安心。
もちろんデジカメには防寒服を着せているよ。
デジカメは、寒さ対策にほんと気を使う。


いよいよ東の空が染まってきた。
この瞬間が堪らない♪
地球の夜明け

                  ↑これは山ではない。聖のダンゴ標識の頭部なのです。

贅沢言うならば、この瞬間だけ雲が欲しかった。
嬉しい太陽の光。
少しずつ暖かくなってきた。
モルゲンロ−ト
山肌が白くないから上手く焼けない。残念!

 ☆画像クリックで大画像☆            朝一番の眺め

西をふと見たら…聖の影があった。
正しく、布引崩れから見た形と同じだった。
朝の散歩で、奥聖に向かった。
雪はパウダ−スノ−で凍ってなく、きゅきゅっと泣く。
奥聖先端から富士山を眺める。
丹沢も見えている。気持ち良い眺めだ。

 ☆画像クリックで大画像☆             奥聖からの眺め

 ☆画像クリックで大画像☆          奥聖からの眺め (ズ−ム)

奥聖から眺めると、悪沢岳が姿を現す。
赤石岳山頂をズ−ム
小屋からの展望が良さそう♪
来年の目標が出来た。この山頂から360度眺めて見たい。
ここ聖からだと大きな赤石岳が壁になって、向こうが見えない。
何か喉につっかえているような感じがする。
奥聖のピ−クから聖岳を返り見る。
先端まで来て、東尾根を見下ろす。
冬季ル−トになってるようだけど、両側とも凄い傾斜だ。
夏に歩いて見るか? 歩けるだろうか?
槍穂をズ−ム
槍穂も聖もそんなに距離は離れていないのに、この雪の差は何なんだ。
千畳敷と木曽駒。
ピントぼけぼけだけど、雪の状態を知るため掲載した。
奥聖の先端から聖岳を返り見る。

奥聖に着いて写真をバシバシ撮っているとき、無風になった。
途端に暑くなり、レインウエアを上下共脱ぐ。
無風になって良かったぁ〜
これからの季節は無風が何よりの御馳走だ。
この場所は、夏には花畑になりそうな雰囲気がする。
聖へ帰る途中、奥聖を返り見る。
聖山頂はめっちゃ広かった。
上河内岳方面を見下ろす。
今歩いて来たコ−スを返り見る。
富士山の雪がダンダン白くなってきた。
来年、帰って来るよ。
赤石岳で見えないところが気になるから…

 ☆画像クリックで大画像☆              聖岳からの展望

 ☆画像クリックで大画像☆           聖岳からのズ−ム展望

いよいよ下る。
聖岳滞在は実に20時間!
静かな聖をたっぷり堪能できた。
↑これが聖の斜面。
この細い尾根が、聖の良さを増幅してるぅ♪
素敵な眺めだ。
こんなに好天なのに、誰にも会わない。

           ↑氷              ↑一帯 落石注意!          登山道↑

水場付近の様子。
確かに水は流れているが、落石の危険大!
やっと目標達成出来て、胸一杯だ。
薊畑分岐に到着です。
ここはガレ場の上だから、展望はめっちゃ良い。
最後の雄姿を脳裏に刻み。
下山に掛かった。
滑車を使って、力を2分の1にしているが
それでも重い。
帰りは、篭を引き寄せるのがシンドイ!
乗れば、後はスィ〜♪
林道から下った尾根とサッキまで居た聖を眺めた。
この林道で、今日初めて人に出会った。
登山者ではなく、カメラを持った夫婦のハイカ−だった。
何処まで行くんだろう。
林道は何も無いのに…物好きだな。
登山口に戻ったら、一台の車が停まっていた。
今日は、「来年聖に登る為に偵察に来たんだ」
と言っていた。

いつも2000m付近から聖を眺めていたんだけど、
眺めるだけじゃなく、聖に登りたくなったそうです。

聖からの眺めは素晴らしいです。
登ると、次は赤石岳を目指したくなりますよ(o^_^o)v
今回のたけさんのように…
駐車場に戻り、車に置いていたジュ−スをがぶ飲みする。
美味ぇ〜
空を見上げれば、雲一つ無い!
そうだ、しらびそ高原に寄ってみよう。
どんな眺めがあるんだろうか?
楽しみだ。

便ヶ島から帰る途中に分岐がある。
看板もしっかりあるから、すぐ判る。

                 ↑聖岳                        上河内岳↑

南アルプスエコ−ラインからの眺めも良いものだ。
それにしても、
あの聳えていた斜面は、この程度の斜面だったのか?
狐に抓まれたみたいだ。

 ☆画像クリックで大画像☆      南アルプスエコ−ラインからの眺め

 ☆画像クリックで大画像☆          展望台(ハイランド前)からの眺め

ハイランド しらびそ
展望風呂に入れないものかと遥々やって来たのに、11月13日で
今年の営業は終っていた。
ここに来る道路ももうソロソロ冬季通行止めになるだろう。

それにしても、洒落た建物には驚いたよ。
焼けてきた。
雪があると、素晴らしい眺めであろう。
ここからゲ−トまで8kmでした。
スノ−シュ−で林道を歩くか! 雪崩れはどうなのだろう?
じゃ〜ん♪
久しぶりに登場です。
足のなが〜い たけさんv(⌒▽⌒)ノ
今日は一日中雲が湧かないという
素晴らしい天気でした。
御来光から夕日まで…幸せな1日だった。
途中、
平谷の道の駅でトイレに寄った。

いつも寄り道するけれど、風呂に入ったことが無い。
自宅の風呂では、足の疲れは取れないからという事と
話のネタに一度は入っておこうと、温泉に向かった。

露天風呂あり、アワ風呂あり、
新しくて広いお風呂で感激!

単純泉だったけど、ヌルヌルのお湯でした。

ひまわりの湯
@500

   


憧れの聖岳にやっと登った。
今は充実感でいっぱい♪

もう少し雪があれば、言うことなし!だったけれど、
素晴らしい天気に恵まれて、ほんと良かった。

赤石岳に好天を合わせて…
来年の夏の縦走が凄く楽しみになってきた。
どのコ−スを取ろう。
楽しみが膨らむ♪

Ads by TOK2