石鎚山

1999、10、7 ロ−プウエイ駅 9:00 <405m>
 雨のち曇り ロ−プウエイ山頂駅 9:16 <1230m>
成就社 9:34 <1375m> 山頂まで3.5km
最低鞍部 9:57 <1260m>
試しの鎖 10:36 <1525m>
夜明峠 11:10 <1600m> 山頂まで1.0km
1の鎖 11:25 <1685m>
2の鎖 11:39 <1775m>
3の鎖 11:56 <1920m>
弥山山頂 12:10 <1965m>
12:17
天狗岳 12:40 <1980m> 1982m
3の鎖上 12:53
2の鎖下 13:12
成就社登山口 14:21
ロ−プウエイ山頂駅 14:45


<  m>は、腕時計が表示した標高。誤差あり。

 田舎に帰ったついでに、石鎚山に登れることが出来た。
台風の影響で、ロ−プウエイの手前8km程の所の道路が、土砂崩れで通行できない。これから先はロ−プウエイ会社のバスで、ピストン輸送してくれるという情報を得て、やむなく工事車両の隣に路上駐車して朝を迎える。

 朝、目が覚め外を見ると、めっちゃ雲が多い。やめようか?悩む。
しかし、石鎚山の紅葉を見るチャンスは、これを逃すと無いかもしれない。でも、この天気で登ってもガスで見えないかも、、、後は運にまかせ登ろうと決めた。

     
 

 
         試しの鎖
鎖が大きく、ちょうど靴の先が入り鎖の上を登っていった。
稜線に出ると、石鎚の山頂が、、、

3の鎖
これを上ると山頂だ!
脇道は、台風にて崩れ、通行不可

 
 

 
 

天狗岳山頂

 

高知方面の山々

 
 

 
  相変わらず雨は降っているが、紅葉を見ることが出来た。大満足!! この山頂に居るのは、自分だけ。        反対側に行って見た。
このすぱっと切れている姿、見ていて飽きない。
下を覗いて、ワオ−!!
 
       成就社裏より、石鎚山全景

 ようやく青空が、、、遅すぎる〜!
私の故郷の山、一度は登ってみたかった。こうして見ていると、遂に登ったという充実感、達成感が沸いてくる。
 
 ここは霊山の一つ、行者が鈴をシャンシャン鳴らしながら、途中ですれ違う。すると「お下りさん」と言われる、私はすかさず「お上りさん」と言い返した。

 石鎚山 2000m級の山としては、趣がある。
      四つの鎖を登って、そして山頂へ
      最高だ〜!!
 
         私が山頂に居る間、登頂して来たのは一人だけ。二人でこの景色を眺めていた。
      平日は、こんなにも少ないんだ〜。
 

Ads by TOK2