陣馬形山で遊ぶ

2005、1、18 晴れ

林道→山上駐車場→陣馬形山→林道


昨年の暮れ、ねっ友の“はうさん達”が陣馬形山を歩き、
レポをUPされた。それを拝見して、
「あれっ!」っと思わず声が出た。
実は、素晴らしい展望の山だということで、
地図に赤丸印を付けていた山だったのです。

北アルプスの展望台の蝶ヶ岳を歩き、そして南アルプスの展望台の笊ヶ岳を
歩いた。次は中央アルプスの展望台からの眺めを自分の目で見たくなり、
好天を狙って行ってきました。

20時40分自宅を出発。
153号線を駒ケ岳を目指して進む。松川インタ−を過ぎ、少し走ると
トンネルが出てくる。その手前を右折して陣馬形山へと向かう。
看板が要所にあり迷うことはない。はずだったが…

目印のAコープを暗い中で探すことが出来なく、登山道↑という看板を
頼りに車を走らせた。
登山道を左手に眺め、まだ上へと続く道があったのでズンズン上へと
登った。結構登って左カ−ブを曲がって上り詰めると、

民家のお庭だった!
ガ━━Σ(゚Д゚;)━━ン!

庭でUタ−ンさせて頂く。
この庭からの飯田市の夜景がめっちゃ奇麗だった。

どこで間違ったんだろう?
途中に民家の石垣に看板があったことを思い出した。
その看板をしっかり見ると、
↑登山道、車バイク→と記されていた。
看板をしっかり見とけば良かった。
車と指す方へ向けて進む。途中4差路になり、看板に従って
左折し広域林道&陣馬形山へと向かう。

広域林道に出ると雪がかなり積もっていた。林道までは
生活道路の為除雪されていた。早速4WDに替えて雪道を走る。
久々の雪道楽しい〜♪
少し走って右折、いよいよ陣馬形山への林道に入る。
除雪されてなく(除雪しない模様)段々と雪が深くなる。
でも、2台くらい走った轍があった。

走った車があるんだから自分でも走れるだろう。と
躊躇することなく前進。
轍から外れればケツが大きく揺れる。その揺れを
押さえる為にハンドルを切る。反対に揺れれば
ハンドルを切り返す。
途中でUタ−ンも出来そうも無い。
溝に落ちればそれまでだ!
深夜にこんなところ走る車なんていやしない。
前進あるのみ!


出来る事ならチェ−ンは付けたくないからと、
スタッドレスでケツをふりふり登った。

やっと
陣馬形山の駐車場に辿り着き、大きく輪を描きながら
向きを変えようとしたが、最深部で遂にタイヤが空転。
バックして前進するがダメ!
ここでどうしようもなく、チェ−ンを付けた。
雪はパウダ−で50cmはかるくある。60cmあるかも?
さすがに、この場面でのチェ−ン付けは大変だった。

チェ−ンを付けると走りが違う。
難なく脱出に成功して駐車場の入り口で駐車。
ここで寝袋に潜ることにした。
時計は1時を指していた。

   
朝寝過ごして目が覚めたら、もうこんなに明るかった。
モルゲンロ−ト見えたはずなのに… 残念。
駐車場からこの景色が見えるんです。
中央アルプスの眺め 良いねぇ。
雪はパウダ−
車の腹は終始擦っていた。
車体は軽く、大口径のタイヤ。ジムニ−は最高!
いよいよ陣馬形山へと歩きだす。
展望は素晴らしい。
輝く雪と南アルプス。
トレ−スが山頂へと続く。
駐車場から10分で山頂。そして素晴らしい眺めであった。
この望遠鏡にはお金を入れるところが無い。
タダなのだ。地元の方に感謝。
望遠鏡で見ると、ど迫力の景色が… 凄い!
こんなに大きく見える。 このようにビニ−ルで防寒されていました。
見た後はしっかり縛りましょう。
千畳敷を眺める。
ほとんど正面に見えるという素晴らしい展望台だった。
平野を挟んで、聳え立つ中央アルプス。絶景かな。
蝶や笊に比べると、対象物がかなり遠い。本によると、
蝶から奥穂まで7キロ、笊から奥聖まで10キロ、ここ陣馬形山から
越百山まで16キロ、北岳まで23キロと記されている。
ちょっと遠い。
でも、東側に位置しているので光の具合がすこぶる良い。

               ↑仙丈ヶ岳                      ↑大仙丈ヶ岳

南アルプスで一番大きく見えた山。 
塩見岳
天に突上げて、かっちょいいなぁ〜
南アルプスの同定番
中央アルプスの同定番
空木岳・南駒の眺め
360°眺めてみよう。
南アルプスの眺め。
ガラスに、氷の結晶が…
奇麗。
車に戻り、陣馬形山方面を望む。
正面の大きい建物は、避難小屋。
畳を敷いていた。
帰り、この登りの雪道が一番大変だった。
2度登れず、3回目でやっと通過した。
林道はこんな感じ
感じの良い林道を  /■\_・) パシャッ


陣馬形山 標高1445m

素晴らしい眺めの山だった。
車で簡単に山頂までこれると言うもの嬉しい。
冬は大変だけれど・・・
除雪されていない道の走行は、不安だった。
無事下山出来、ほんとホッとした。
2台でつるんで走ると不安も少ないだろう。

雪道 めっちゃ楽しい♪


Ads by TOK2