小さな島の一番小さな宿で和む。

2006、6、4〜5

気の合う仲間同士で民宿に一泊し、美味しいものを食べに行こうと出掛けた。

小さな島とは、
愛知県の三河湾の入口に浮ぶ “日間賀島
一周 3.6km。
徒歩一時間で一周できちまう小さな島なのです。

タコの丸茹でが有名で、その話しばかり聞かされており、
いつかは行きたかったところ。
やっと念願が叶う時がきました。
楽しみです。

2回日帰りで渡ったことがあるが、泊りはない。
メンバ−から宿を探すようにと依頼があり、自分好みの宿をネットで調べる。
大きな宿は好きではないから、小さな宿を探していたら
見つけた!
「1日2組限定!」 「10人以上貸切可!」
早速 電話を入れて予約した。


 

   
知多半島の先端“師崎”に車を置いて、港に来た。
待つこと 10分!
予約しておいた“海上タクシ−”が来た。
正面に見えるのが日間賀島です。
いそなぎ海上タクシ− 0569-68-2521

11名 往復 @7800-
8名以上で予約でき、定期便より安価。
日間賀島に着くと、海上タクシ−のマイクロバスで宿まで無料送迎してくれる。
大勢の時は凄く便利です。
現在地 “日間賀島資料館”
宿は資料館の傍でした。チェックインは15:00ということで、荷物を置かして貰い
散策組と釣り組とに別れ、我々は目の前の久渕港堤防に向かった。
自分だけ ちょこっと資料館の屋上に上がり展望を楽しむ。
漁を終えた漁船がいっぱいだ。
正面に大きな佐久島を眺めながら、釣りをするがコッパばかり。

 ☆画像クリックで大画像☆           堤防先端からの眺め

カ−フェリ−出航です。
久渕港堤防では釣れないので場所移動。
浅瀬は底が見える。正面は佐久島。
東港の堤防にやってきたが、釣果なし!
昔は釣れたんですがねぇ〜
魚は何処に行ったんでしょ? 住み難くなったのでしょうか?
東港から篠島も近くに見える。
チェックインの時間は過ぎ、東港から島横断して宿に帰ることにした。
案内板で宿“海宝”の場所を探すと、中央にポツンと今日の宿がある。
ここから診療所を経由するコ−スが近いようだ。
タコの島! タコツボ
常滑焼かな?
今でもこれを使ってるのかな?不明です。
マンホ−ルの蓋もタコとフグだぁ〜
狭い路地を歩いていたら、小さな花が咲いていた。
診療所の風見鶏
宿は、“N”方向になる。
資料館に入ってみる。入館無料。
漁の道具等展示している。
資料館の中にあった写真を撮る。
小さな島なのに家ばかりには驚いた。
いつも外周道路ばかり歩いているので知らなかったのだ。
正面向こうが知多半島。
資料館を出て、1分! 着きました。
日間賀島で一番小さな宿 “海宝”
築2年目だそうです。
他にお客さんいますか?って尋ねたら、
「貸切です。」だって!

最高♪ ヾ( ^◇^)ノ 最高っ♪♪
玄関入って、ホッとしましたよ。
奇麗な宿でほんとに良かった。
宿選びは責任重大!旅の成否が掛かってる。
玄関から早速下駄を外に持ち出し、
/■\_・) パシャッ
受付
階段下から見上げる。
三脚もって、あっちこっちウロウロ。
女将さんたちも、面白やつが来たと思ってただろうなぁ(o^_^o)
二階の廊下は、畳であった。
これは心地良かった。
部屋は4部屋ある。
山を歩くと、いつも美しいと思える。
あとは語らん!
女性陣 入浴中
男性陣より帰りが早かったようです。
お風呂はひとつだけだから、順番待ちです。
ちと写真合成に失敗したが、風呂場も奇麗でしょ。
この島には温泉はないが、湯船が大きく大いに寛げます。
窓から外を眺めても、緑一色!
↑ スミの部屋からの展望 ↓
写真失敗です。水平線が見えていたのに飛んでしまった。
夜は知多半島から佐久島まで夜景が見えてました。
周り緑がいっぱい。
案内板で見たポツンと佇む、その見返りは… 素晴らしき眺めです。
開放感バツグン!
額の一言二言が心を打つ。
浴衣にもタコとふぐ。 仲間がセットしたから、撮ってアップせよと。
袖の折り方なんか芸が細かい!
待ちに待った宴会が始まりました。
写真撮るまで入場禁止!
うしろで待機してます。
笑顔で始めましょ!
鯛・ヒラメのお刺身がど〜んと。
刺身の右隅には、ナマコも添えられていた。
自分の前はヒラメだった。
シャコ
これは雑食だから美味いというが、自分は苦手。
皆は美味い美味いと言って食べていた。
アサリの酒蒸し
日間賀島のアサリは「島あさり」と言われるほどの
ブランド品。身が大きく、貝自体も普通のあさりより
厚い。 あさりも美味いが汁も美味。
タコの丸茹で
待ちに待った待望の品が登場!
温かいうちに頂くのが最高!
写真撮っているうちに、かなり冷めたけどシンプルに美味い!
待った甲斐があった。
伊勢海老のプリプリの刺身。
車海老はピョンピョン跳ねて、皿の間に置かれる始末。
↑笑顔が素敵だよ。↑ ミガキボラ貝と岩牡蠣
今が旬のようです。
ふだん牡蠣は食べないのに、この岩牡蠣は少し硬く
食べれたよ。
伊勢海老と遊んだ
メバルの塩焼き
今日旦那さんが捕ってきたものだそうです。
温かいうちに頂こう。
出される度に、会話は途切れた。
岩牡蠣のフライと?フライ。
何だったんだろう? ?r(・x・。)? あれ? 思い出せない。
写真撮って、あっちこっち動き回る理由を説明していた。HPにアップすることを…
そしたら、このタコのフライをサ−ビスしてくださった。
揚げたてで頂くと 絶品!
感謝とレポアップのプレッシャ−が!
海の幸
たっくさん頂き、腹パンパン!

こんなにパンパンになったのは、いつ以来だろう。
ヒラメと鯛の刺身が残ってしまった。
気になったが、もうこれ以上食べれなかった。

最後はご飯を頂かないと終らない!
赤だしのアサリの味噌汁だ。
今は赤だしが一番美味い。

赤だしに慣れるのに10年掛かったが…。

宴会の途中ではロ−カで話し声も聞こえる。
ここの旦那さんたちと話ししているもよう。
「今度、うちの家族で来ますっ」っていう会話も聞こえてくる。
皆が気に入ってくれたようで嬉しい♪

宴会終って部屋に帰る。
今夜は 貸切! の宿。
初めての経験である。

まさに、別荘に居る気分!
別荘より居心地良いかも?それは料理や掃除をしなくていいもんね。

ほんまに貸切は優雅なひと時を過ごすことが出来た。
貴重品も気にならず、部屋の入口の戸は開けっ放し!
貸切! 実に居心地が良いものであった。

この一番小さな宿は、とても (^∇゜Ъ グーッド!
朝はシンプルな御馳走です。
味噌汁には、ど〜んと伊勢海老です。
汁が美味いっ♪
食後にはコ−ヒ−を頂きました。
部屋は奇麗で、海の幸いっぱい食べて…
ほんとに夢心地♪
「コレはダメだろう」と諦めずに、先ず電話してみることをお薦めします。
女将さんが妙案を考えてくれます。
お見送りと素敵な笑顔をありがとう。
娘さんは可愛くて、、、双子だそうです。

日間賀島に別荘ができた気分です。
また優雅でゆったりとした時間を過ごしに、
また帰ってきます。

ほんとにお世話になり、
<(_ _*)> ありがとうございました。

真ん中の娘さん 自称“裏女将”って言ってるみたい。
おもろい!
裏女将さんの旦那さんは、名古屋で写真関係のお仕事とかで、
単身赴任なんでしょうね。
昨夜最終便で帰ると言っていましたが帰れたのかな?

                                              ↑訳ありの空き缶・謝謝

女将さんには、忘れ物を港まで届けて頂き
ありがとうございました。
最後の最後までお手数をお掛け致しまして…
お陰さまで楽しい思い出がたくさん出来ました。
お別れのときに、初めて双子の娘さんが手を振ってくれました。
これは嬉しかったなぁ♪

双子さんのお名前は、ゆらちゃん・さらちゃん。

これを載せとかなきゃね (o^_^o)v

最後はいつもこのお土産屋
まんじゅう たこめし

いそなぎ海上タクシ− 0569-68-2521
8名以上で予約可!
この金額は片道料金です。
カ−フェリ−(20分)なら片道@490
高速船(10分)なら往復@1140 片道@590
詳しくは→名鉄海上観光船
いそなぎ海上タクシ−
早朝はピストン輸送に忙しい。
海上タクシ−は貸切! さらば日間賀島。
また来るよ。
師崎フェリ−タ−ミナル
無料Pは無くなり、有料Pになった。
1時間@100
料金はこの設定のみ! 1日2400円だ。
駐車料一泊二日で、@1500
泊めるなら、こちらが安い。
港まで500mであるが送迎もしてくれる。
詳しくは→畑野商店
駐車した者には、全商品10%OFF!の特典あり。


片名港には 無料P があるようだが、
確認はしていない。
我々は、車上狙いを嫌って有料Pとした。

2006年06月07日
撮影熱心

気の合うお仲間とお越し下さった T様御一行。
T様、宿に到着すると館内やお料理を三脚を使用され熱心にパチリパチリ☆彡

T様はご自身のHPをお持ちとかで、
そこに今回の旅を掲載し
「海宝」についてもご紹介くださるとのこと。。。

皆様、気さくで楽しい方ばかりでした。
私達も楽しい時間を過ごす事が出来、大変嬉しく思います。
是非、また「海宝」にお越し下さいませ。
スタッフ一同心よりお待ち致しております。

今回はたくさんある宿の中から当館に足を運んで下さり、本当にありがとうございました。

↑6月7日に宿の掲示板に載せて頂きました。

裏女将さんの旦那さんが撮影したものです。

夢心地の一泊二日でした。
ゆったりと寛げたことに感謝しております。
連泊するともっと楽しいでしょうね。
でも おなかは悲鳴あげるでしょうけど…

また、大きくなった双子の娘さんに会いに行くのも
楽しみのひとつになりました。

日間賀島に別荘が出来た!
次はいつ行こうかなぁ〜



どうです 行きたくなったでしょ。
ぜひっ !
小さな宿の居心地の良さ&海の幸を味わいにお出掛けください。
120%きっとお気に入れられると自信を持って、
この宿をご紹介いたします。

良い宿は、広めなくっちゃ!


ペ−ジUPした翌日、
宿の裏女将さんから嬉しい書き込みを頂きました。
感謝と裏女将さんの心を伝えたいと掲載です。



 次は“ふぐ”の時になるかな
「ただいま〜」
了解で〜す。

このペ−ジを見て訪問される方も、「ただいま〜」 でお願いします。
一気に笑いが広がることでしょう。


Ads by TOK2