角田山

2015,6,17

北海道を離れ、新潟港に6時上陸した。

天気予報は内陸部は曇り と言うので、海岸線をのんびり南下していたら
面白い岩のトンネルに出会った。

そこで見た案内板には、雪割草で有名な角田山がある。
おぉ!ここに角田山があったのか。

山頂には雲が垂れ込んでいるが、登山モ−ドに変更。

灯台に降りるコ−スとした。
初めてでは灯台コ−スは外せない。
かなり急が付く歩きだったんだ。
この案内板を見て、ここに角田山があるのを知った。
夕張岳で使う予定だった自転車を引っ張り出し、灯台下に置くため
角田浜まで戻ってUタ−ンした。
静かな生活道を歩く。 しばらく歩き登山口に。
バスの時刻表には、周遊バスが載っている。
土日には、周回バスが運行するらしい。
400mそこそこの山で周回バス運行には、驚いた。
登山道も7本あるようだ。
帰って来てレポを見てると、もう1本あるみたい。
ここが登山口 建物の裏から侵入
凄い山だった!!!!!
大きな木の下でも、緑いっぱいなのだ。
時期になると、一面オレンジ色に染まるという。
このコ−スは、今は花の谷間という感じ。
山頂はメチャクチャ広い。 花が少なくて・・・
びっしり!
地面が見えない。
コ−スが変わってもこれなんです。
灯台コ−スに来て、花が多くなる。
待ちに待った海が見え出した。 にじみがいいね
イロイロ咲いてます。
車から見たのは、この岩です。
展望バツグンの気持ち良い下りでした。
そして、今は登り。
いろいろ。
これを見たかった。
そしてこれだ!
海が綺麗だから絵になる。
角田浜の看板を見たけど、角田山との関連は想像できなかった。
  この斜面が今日1番のお花畑。
白い太陽
気になる!! アサツキ?? 下まで降りてきました。
なんとトンネルがありました。 自転車に戻るために登ります。
ここを下り道路に ヘツリの遊歩道は崩壊している。
インパクトある岩 岩と遊んでみます


途中SAで爆睡し、翌朝自宅に到着した。

夕張からの総距離。
新潟港まで490km。小樽〜夕張159km。

今回の出張総走行距離 2784.6km。
寄り道は、太古の湯

 今回はよく走った。

予期しない 角田山に登ることも出来た。
次回は時期を狙って。。。

Ads by TOK2