神峰山 広島

広島に単独で出張することになり、また道草を考える。

前回 安芸灘とびしま をドライブした時、
隣の島で高い山を見つけていた。

ネットで調べると、山頂からの展望が出来るという。
瀬戸内海の眺めはどんなものかと楽しみ。

予報を見ると、行きの時が良いようだ。

島内ではバスを利用しようかと思ったが、乗継があり面倒なので、
自転車で廻ることにした。

折りたたみ自転車を載せて出発です。

2013、3、16 神峰山登山口 12:04   2m
晴れ 展望台 13:10 433
山頂 13:22 452
登山口 14:14   2
帰り出発 16:10
港到着 17:30

,

乗船前からGPS稼動
赤線は行き、緑線は帰りです。

GPSは、行動が判り 楽しいですね。

切符売り場で駐車場を聞き、切符を買って桟橋から眺めます。
神峰山はどこだろう。

駐車場は、切符売り場近くの市営駐車場(¥300/1日)
片道合計500-
折りたたんで袋に入れれば無料なのだが、
面倒なので、売上げに協力しました。
方角から検討すると、この山かな。
船が到着しました。 いよいよ乗船します。
さ〜て、どこに向かうのでしょう。
徐々に左寄りに進行してます。 この山でした!
上陸して、案内板で確認します。


車が少なくて快適です。

大通りを走り、木江方向に向かいます。
トンネルの標高は、43mでした。
今日は3月16日。 桜は終わりかけ
自転車でルンルンと走っていると、この案内板があった。
ん! 通り過ぎている!

なんてこった!

途中にあった派手な建物が 「かもめ館」 だったようです。
また、ルンルンとUタ−ンしました。
戻りながら・・・神峰山はこの山のようです。
車が少ないから、自転車正解でした。
ありました!登山口です。
左に見えるのは、「かもめ館」です。
立派な標識があるのに、どこを見ているのやら・・・
金剛寺が登山口だったのですね。 金剛寺
少し登った、境内からの眺めです。 山頂まで 2190m 近い!
海を見下ろす眺めは、良いですね。


島の東側を眺めることが出来ました。
登山道と山頂
かもめ館 を眼下に良い眺めです。
左よりの尾根を登ってきました。


展望台から、山頂方面
展望台があります。
 
バス利用なら、港方面へ降りれそう。
自転車だから、来た道を戻らなければなりません。
展望デッキからの眺めです。
右側半島に大きな建物が見えます。
下山後の日帰り温泉施設(旅館)のようです。
立地条件バツグンですね。
 
山頂手前には、綺麗なトイレあり 山頂には、新しい展望台あり
山頂展望台からの眺め。
展望台なければ、展望は叶わない。
上陸した港を見下ろします。


派手な かもめ館
下山しました。
竹の杖をお借りしました。感謝です。
この時は、利用者なし
ここで島地図を頂きました。
半島に到着。
ここで汗を流します。
眼下に砂浜があり、綺麗です。
灯台前からの眺め
こんなに島々が繋がって見えるとはねぇ。
来て見ないと判らない。
半島から、神峰山を眺めます。
このように歩いたようです。

父・母 ・・・ 
なに不住無く大きくさせていただき、
感謝してもし尽くせません!

遠くに来てしまって、親孝行できない
不出来な息子ですよ!
風呂からの絶景!
船からも丸見えですね。
見られても減るものじゃないし・・・
清風館 全景
ほんとに良い場所に建ってます。
この先 船発着の明石港。
港の先には道が無く、ここを右折します。
前回ドライブした 安芸灘とびしま の島々です。
橋も確認できました。

風呂後の帰りは汗をかかないように、登りは総て歩き、
下りは風を切ってかっ飛ばします。

途中の温泉施設からは、長〜い下り・・・
少し漕いで港でした。
大西港に着くと、船が待っていた。 自転車の切符を買って乗船したら、すぐ出航した。
人の分は往復を購入していた。
ありがと 神峰山。
船の離島は、ほんとに気持ち良い。
利尻山とダブってしまう。
前回ドライブの 安芸灘とびしま海道
左端の橋のみ有料。

前回のドライブも、出張利用でした!
メモとして載せておこう

船利用の山登り・・・良いものです。

瀬戸内海の島々の眺めは、
想像以上に島は多く、島々が繋がってみえた。

瀬戸内海を眺めるのも良いものですねっ!!

Ads by TOK2