上高地を歩く

2005、2、5


ち〜む東海 まったりテント泊 第3弾!

昨年9月、はうさんとふくちゃんと湯俣温泉まったりテント泊に行った時、
「次は厳冬期の上高地まったりテント泊しようねぇ」と即決まった。
日程は1月15〜16日。予備日2月5〜6日となった。

最初に副長さんとさくらっちさんを誘った。副長さんはOK!と返事を頂くが途中で
海外出張となり、15日のテント泊には参加出来なくなってしまった。
さくらっちさんは真冬の装備がないからとOK!の返事は保留。
ふくちゃんも仕事を替えた為に休日が変わり、今回のまったりテント泊には、
参加出来なくなった。次はいっしょに行こうね。

新年を向かえ、いよいよ決行の時がきたかと思ったら、
土日だけめっちゃ天気が悪い。穂高が見えなければツマラナイと、
順延することにした。

予備日2月5日近づく。
数日前には大寒波到来で北陸では大雪警報がでて、上高地の道路は
大丈夫なんだろうか?と心配になる。
この時期は天気も安定してなく、予報発表ごとにコロコロ変った。
一週間前の予報は良かったのに、段々と雪マ−クが増えて来る。
気圧配置から風が強く地吹雪はきっとあるだろう。
またまた順延も考えた。


4日の昼のピンポイント予報では、5日安雲村9時〜15時晴れ。
翌6日快晴。と出ていた。
予報もなんとか良くなり、決行!と決めた。

参加者はどんどん膨らみ、総勢9名になった。
副長さんさくらっちさん&夫さん・和たんさん・ジオンさん
ラブさん・ケンケンさん・はうさん・たけさん

釜トンネルに9時5分集合と決めて、たけさんは一足先に
深夜車を走らせ、何時ものように野麦峠スキ−場経由で向かった。
道中雪が降り続き、道路にはかなりの雪が残っていた。
このコ−スは雪道を走れて楽しいのだ。


新しいトンネルが7月に開通するという。

このシ−ズンでここを歩けるのも最後。
このトンネルは封鎖されるらしい。

急で、暗く、滑る トンネルを歩きに
出掛けましょう。

急げぇ〜・・ε=ε=┏( ・_・)┛
釜トンネルの入り口近くに出来た、大きな氷柱。
これも今年で見納めか?
朝、集合場所に8時半に到着。

なんと、ここには工事の作業者用の簡易トイレが
設置されていた。
早速、お借りした。

9時5分、副長さんがバスでやってくる時間だ。
トンネルを下っていたら、口髭ですぐ判った。

「おはようございますっ」

東京から9時にここに来るには、松本駅で
3時間も待たなければならないようだ。
初めて知った。
いやぁ〜 お疲れさまでした。
メンバ−がゾロゾロ向かって来る。
さくらっちさんは金沢から平湯経由で来た。

たけさんの後には、ピタッとさくらっちさんが
追っ掛けてくる。
そうだ!今日初めていっしょに歩くんだ。
夢が叶った〜

                    写真提供:はうさん

挨拶を済ませ、出発の準備に取り掛かる。
皆、ザックが大きい!
…---…---…---…---…---…---…---…---…---…---…
ち〜む東海

最初は春日井に住んでおられ、夫さんの転勤で金沢へ…
「さくらっちさんの送別会をやろう。」
これが切っ掛けで “ち〜む東海” が発足した。

だから、
金沢に居ようとも、さくらっちさんは永遠に名誉会長!
そり隊は行く。
そりもなかなか絵になるよ。歩く分にはちょうど良い暑さなのだが、そりを引くと
途端に汗が出てくる。そりを引くのも楽じゃない!
10時になっても天気の回復なし! 予報の嘘つき!
朝トンネルで待っているとき、どんどん入山して行った。
天気が悪いからか? 大グル−プが戻ってきた。
ケンケンさん がんばる。
このグル−プは皆同じスノ−シュ−を履いていた。レンタルかな?
BOWちゃん発見!
裏剣以来の再会に涙ウルウルヾ(;口;)
トイレ休憩中
皆、何を見てるんだろう?
BOW隊をデジカメでスト−カ−した。
BOWちゃんがスキ−を履いているところなんですが、皆優し〜い♪♪
 良い眺めだ! 穂高が見えればもっと良かったのに…
ケンケンさんは氷と戯れる。
割れて足を濡らせば凍傷間違いなし! 気を付けよう。

                                            写真提供:ジオンさん

写っているのは、たけさんだぁ〜(⌒▽⌒)ノ
氷の状況を見ながら前進。厚くて割れそうもなかったが用心して、すぐUタ−ンした。
一面真っ白。空まで真っ白だぁ〜
心洗われる景色に、至福の時間が流れる。
目指すは、河童橋!
つぼ足より、シュ−が歩きやすい。
ケンケンさん 北極に居るみたい?
雪があると何処でも歩ける 冬はこれが良い。
田代池
大雪警報が出たというのに、雪が少ない。
今年はどこも少ないようです。
田代池で一息入れて出発した。
ここからの穂高は最高の展望なのに、ざんねん!
あれっ ジオンさんが居ない。
動物に似てるねって話しながら通過。 クレバスのよう
実は小さな小川だよ。
雪少ない!
地吹雪!
雪片が飛んできて、痛い!
到着〜
誰も居ない河童橋。冬はこれだから堪らない!
でもでも、この後では生コン車が停まっていて砂防工事が行われていた。
工事業者も大変だね。工事するのは今の時期しかないもの。
静かな河童橋をたっぷり堪能した。

                                        写真提供:はうさん

河童橋をバックに一同 /■\_・) パシャッ




依然、風が強く寒いからと、テントを建てて
中でゆっくり昼食にしようと急いで場所を探す。

トイレの傍が便利だよね〜と、
3張り分の整地にはかなりグルグル歩いたが、
広範囲に平らにするのは難しかった。


無風だったら、雪のテ−ブルを作って食事が
出来たのに、これまた残念。
 
遂に完成。今日のアルペンホテル♪
今日のテント泊は合計7張りだった。

奇麗な雪を取って来てもらうのは、副長さんとケンケンさんにお任せして、
たけさん邸に入りバ−ナ−の準備に取掛かる。
外はビュ−ビュ−と風が吹いているのに、テントの中は快適!
ほんとに別世界!
誰よりも先にテントに潜り込んだから、役得としておこう。
「テントの中は暖かいよ〜」と外に向かって話す。
「早く入れてっ!」と返ってきた。

ザックはさくらっち邸とはう邸に入れて、皆でテントに潜ることになった。
9人入れるのだろうか?ちと不安が過ぎる。
7人入り、あれっ あと2人は?

副長さんとケンケンさんは、はう邸で暫しまったり。
怪しい関係に…

先ずは水をいっぱい作った。
入り口に座っていた者が雪取りの役。入り口とベンチレ−タ−があるところはとても寒い。
表と裏の温度差は凄いよ!

たけさんはグル−プでのノウハウが無い為、総てはうさんの指示で動いた。
鍋からペットボトルに水を移すのには苦労した。はうさんがね。
次回からは漏斗を持ってこよう。

4人用テントに、9人座れたぁ〜〜
驚き!
10人は座れない。9人が限界のようだ。
背中はテントの傾斜で前屈みで、足は向きを変えることも出来ない。
時間が経過すると、次々と足を攣る方が伝染したかのように
隣へと移ってゆく。不思議な現象だった。
この窮屈さから別邸へ逃げ込んだ者もいた。

この苦しさは生涯思い出に残るだろう。
そして、ここを通る度にきっとあの時を思い出すことだろう。
あぁ 楽しかったね。 って…
昼食が終るころ、夕食の準備に掛かった。
ほとんどタイム差なし!
はうさんが忙しい合間をぬって9人分の食材の調達と調理をしてくださった。
ありがたやぁ〜
きのこいっぱい!野菜いっぱい!の鍋でした。
寒い時は鍋に限るね。

鍋三回も作り直したか?
おなかいっぱい食べたけど、それでもまだまだ食材は残っていた。
「もうこれ以上ダメッ!」
朝食に回すことにした。

就寝は9時10分頃だったか?

トイレに行く時は、風の止む時をひたすら待った。
風が吹くと吹かないでは、かなりの温度差がある。

冬季トイレ
中は広くて、匂いも無く快適なトイレだった。
ひとつしかないので順番待ちがある。
当然我が隊では、「空いたよ〜」と声を掛け合った。


深夜になっても、雪は降り続け風はもの凄い!
明日の好天も期待薄か?

Ads by TOK2