上高地・涸沢・奥穂高岳・上高地

2000、10、7 上高地  6:00
     晴れ 明神池  6:37
徳沢  7:15
 7:30
横尾  8:12
 8:25
本谷橋  9:16 <1720m>
涸沢 11:00 <2170m>
11:25
ザイテング始 12:45 <2565m>
穂高岳山荘 13:51 <2900m>
14:30
奥穂高岳 15:17 <3140m> 3190m
15:45
穂高岳山荘 16:05

2000、10、8 穂高岳山荘  6:10
     曇り 奥穂高岳  6:45
紀美子平  7:56 <2810m>
 8:02
前穂高岳  8:25 <2985m>
 8:37
紀美子平  8:52 <2800m>
岳沢ヒュッテ 10:15 <2050m> 2230m
10:42
上高地 12:12 <1425m>

      <  m>は、腕時計が表示した標高。誤差あり。


      天気予報を見て、涸沢の紅葉を見に行くことにした。
     涸沢ヒュッテ直前
この天気、この紅葉に\(~o~)/
涸沢ヒュッテ直前、北穂とキレット
正に、紅葉真っ盛り。
   涸沢ヒュッテから北穂
この涸沢ヒュッテの石垣の上には、人、人、物凄い人。みんな写真を撮っている。
涸沢ヒュッテの最後の階段を登り、庭に出ると目の前に、この景色が突然現れる。思わず「オ−ッ!」と、うなった。すばらしい景色だ。 上:奥穂を見上げる。
下:穂高岳山荘への途中


もうすぐ、ザイテングラ−トの登り

涸沢ヒュッテのスタッフに聞いてみた。今日は、何人くらいと、
答えは、800人くらい。
     一つの布団に4人。
今日は休日であり、秋一番のピ−クなのだ。4人とは、凄い。ここは諦め、穂高岳山荘へ行こう。  
               ななかまどの紅葉
真っ赤な紅葉、それも、すぐ目の前にある。こんな身近に、、、
涸沢って、いいな〜。
こんど来る時には、屏風の耳から、この真っ赤な紅葉を見てみたい。
              奥穂高岳より槍ヶ岳を展望
穂高岳山荘に到着して、休憩を取り、今日の宿泊の手続きを済ませ、身軽になる。天気の良いうちに登らなくては、、、明日の天気は、解らない。この景色もすばらしい。
上:穂高岳山荘より見下ろす。
下:奥穂高岳よりジャンダルム。
   西日で逆光となる。
  穂高岳山荘より見た御来光
焼け具合は最高!でも雲が多い。
     二度目の奥穂高岳
太陽光線がなくては、絵にならない。昨日、登ってて良かった。
   南アルプス・富士山を望む
中央に富士山が見えるのだが、、
      奥穂の分岐点
真下が、下山する上高地である。
見下ろすのは気分がいい。この標高差、先が不安だ。
前穂から、涸沢カ−ルを見下ろす

石にしがみ付いて撮ったもの。涸沢カ−ルは、ほとんど真下に見える。
 前穂から、槍・キレット・涸沢岳

廻りを見渡すと、山々が赤い。
「全山、紅葉だ-!」

この後も、ズンズンと標高を下げていく。
上高地に到着すると、凄い人、人、人。
挙句には、バス待ちのちょうじゃの列。
いつも、上高地はうんざり。速く、ここから逃げたい。


   奥穂高岳と岳沢ヒュッテ
紀美子平から、岳沢ヒュッテまでは
転げ落ちると言った感じで、すごい
登山道だった。
       岳沢ヒュッテ
テラスより、上高地を一望できる。
この景色を見ながら、コ−ヒ−を飲む。至福のひと時である。

Ads by TOK2