五月の涸沢→奥穂→涸沢

2002、5、1 上高地  8:13
   雨のち晴れ 明神池  8:57
 9:08
徳沢  9:57
10:30 太陽が顔を出す
横尾 10:59
11:10
12:47 アイゼン装着
14:26 涸沢ヒュッテ見える
涸沢ヒュッテ 15:50

ゴ−ルデンウィ−クの涸沢のテント村が気になり、行ってきました。
天気予報を見て明日は快晴になると確信し、雨の中の出発です。

車中でぐっすり寝て、4:30に目が覚めたがまだ雨は降っていた。今日は急ぐことは無い、時間はたっぷりある。また一眠りした。
7:00頃雨が止む。急いで支度して、バス停へ 、、、、
7:30バスに乗る。天気が悪い為、バスに乗っているのは私を入れて六人だけ。最高の出発であった。
karasawa2  
   
 

上高地のバスタ−ミナルすぐ上の山
天気が急変する時は、いろいろな表情を見せる。

朝の河童橋

 
  初めて買った重登山靴が足に合わなく、一時間歩いただけで足のあちこち痛くなる。地獄の山旅になりそうだ。

徳沢で雨が降り出して、カッパを着て歩く。
いつになれば、回復するのか?
このガスでは、涸沢には行く気がしない。

このまま天気の回復が遅れたら、横尾にテントを張って、明日改めて出発しよう、と決めた。



横尾に近づくと、太陽が顔を出してきた。ラッキィ!
これなら涸沢まで行ける。\(^o^)/\(^o^)/
 
 

屏風岩付近
段々とガスは、上昇していく。

 
   
 

夢の春の涸沢行き
雪渓を歩き始める。

谷の合流点
デブリ?らしき、雪の形。

 
   
 

左右、キョロキョロ。落石に注意!

長い、長い登り、まだ奥穂は見えない。

 
   
 

中央に点々、登山者です。

遂に、奥穂が見えた。
白い帯、チョモランマのイエロ−バンドを思い出す。

 
   
 

やっと、涸沢ヒュッテが目に飛び込んできた
右上の写真で、四人目の前の上の段で、、、

涸沢槍も、、、もうすぐテント村だ---。

 
   
   
 

涸沢ヒュッテ、テント村前にはきつい登りが待ってい

る。 上:どんどん登ってくる
下:最後の登りだ。早く休みたい。
 
   
 

涸沢ヒュッテの名物、いつでもこいのぼり
これを見ると、疲れが癒される。

残照
今日は、こんなにいい展望は期待していなかった。



ザックの重さは、21kgすごく重たかった。
上高地の時よりも重い。これは、仕方ないこと。夏服と冬服を、また食料をたっぷり持ってこなければならないのだ。

登って来るとき
結構多くの人が、ピッケルをザックに固定したままで、ダブルストックで登ってくる。たしかに、ストックは便利。しかし、重いのを背負ってよう来るでぇ。

テントを張って
水を確保するために、
涸沢ヒュッテのラッセルされた白い雪をビニ−ル袋に入れて、テントの前に置いておく。水を作りながら、シャ−ベット状態の雪をスプ−ンで掬いながら食べた。美味い!!
トイレに涸沢ヒュッテまで行ったら、外の洗面台で蛇口から水が流れっぱなしであった。なんてこった!
Ads by TOK2