刈込湖・切込湖

(奥日光)

2000、9、28 山王峠  8:23 <1690m>
  曇り時々晴れ 涸沼  8:32 <1600m>
切込湖  9:10 <1610m>
刈込湖  9:32
涸沼 10:05
山王峠 10:23

<    m>は、腕時計が表示した標高。誤差あり。

奥日光の山間にひっそりとたたずむ湖を訪ねた。
この山旅は、福島県に行く途中での道草である。
深夜に湯元温泉の駐車場に入り、テントを張り寝る。

朝、登校する子供達の声で起こされ、テントから顔を出すと、笑われてしまった。
  karikomiko      
   
 

涸沼(かれぬま)
名前のごとく、沼が無い。

             涸沼の道
このコ−スは人気があるのだろうか? 道は荒れている。正面上の段は、山王峠となる。
 
   
 

切込湖
全景を撮れるのは、唯一ここだけ。
切込湖と刈込湖は、この場所で繋がっている。

   このハイキングコ−スは、はっきり、くっきり。
   絶対迷うことは無い。
 
 



この景色を、ず〜っと見ていたい

 

 
   
 

刈込湖と自然そのままの風景
水は奇麗で、静かで、いかにも山奥という感じ。この景色は最高!!

   
   
   
                 現実は、この有り様!
人気があるコ−ス故に、多くの人間により荒らされ、緑がぜんぜん無い!水が減って向こう岸に渡れたら、ここの楽しみは無くなってしまう。
こちら側は、すべて茶色なのだ。  
  早いうちに、柵を作るとか、木道を作るとか、
対策して欲しい。

その前に、ひとりひとりの人が自制心をもつことが
肝心か!


とにかく、緑の復活が待たれる。

うろうろするのを慎もう!
 

もっと時間があれば、湯元からぐるっと廻りたかった。
けど、いい景色を見せて貰った。

帰りに、日光の街中で、車の前をでかいものが横切って行く。
な、なんと、鹿であった。 もう少しで激突するところだった。
危ないなぁ もぉ!

Ads by TOK2