カタクリを追って

この季節になると、新聞にカタクリの写真が掲載される。
今年こそは見に行くぞ! と心に誓った。
土日は人も駐車場もいっぱいだろうから、月曜日に向かうことにした。

他人のレポで、カタクリは朝は眠っており、暖かくなってから
花びらを広げ反り返ることを知った。
この瞬間を見たい!

何時になったら開くのか判らなく、何時ものように
シュラフを持って深夜出掛けた。
無料駐車場を探し、シュラフに潜る。

朝、目覚ましが鳴り起きる。
どピーカンの素晴らしい天気。こういう日は山を歩きたいが
一度は見ておかないと!と気持ちを入れ替える。
朝食を取り、カタクリに会いに出発した。
6時20分だった。


2006、03、27 撮影
青の枠が “カタクリ” の群生地
国道の傍の有料Pからが入り口で一方通行! まだ眠っていた。
有料Pから徒歩10m! カタクリに会える。
左上にカタクリの群生!
この密集には驚いた。
こんなに密集してるんです。 肩が当たるどころじゃない!
こんなにたくさん咲いているとは、ほんと驚いた。

一番乗りです。
こんなに早くから来る者はいないようです。
ここに三脚をセットし、
持ってきた椅子に座ったり、登ったり下ったりして開くのを待つ。
待てど暮らせど開かない!

でも、待っていれば必ず開く。
山頂で雲が切れないかと待つのとは全然気分が違う。
地元の方たちの努力の賜物。
素晴らしいカタクリたちに出会え嬉しい。
9時半、徐々に開いてきた。 太陽に照らされる所は早い。
密集地帯!
この開く途中が一番面白い。
11時 全開です。
4時間半 待ったことになる。
開く時間差が面白い。
日が当たり、人も増えた。
ここが最高な場所で、両横にはカメラマンが並ぶ。
一眼、デジイチが並び、我コンパクトデジカメがちと恥ずかしい。
マニュアルモ−ドで撮る。
この中心の模様が、なんとも良いんだよぉ〜
いろんな表現があり、それを見つけるために目を凝らす。
正面に向いているのを探すのにも苦労する。
光が良い演出をする。
5人兄弟仲良く並んでいた。
真っ白なカタクリもチラホラあり、
葉っぱはマダラじゃなく、緑一色って感じだった。
模様の色が違う。
どUP!で撮ってなかったのが残念!
可憐な花♪
真下の道路は、国道153号線。
道路のすぐ上に咲いている。
カタクリ
個性あって、ほんと楽しい花だ!
自分としては、この中心の模様が気に入っている。
待った甲斐があった。
列を作る見物人。
この後、飯盛山を縦走して車に戻った。


落葉樹の下にのみ咲くカタクリ。
ほんのひと時、一ヶ月程度の光合成だから芽生えて、
花を咲かせるまで八年くらい掛かるようです。

地元の方たちの根気と労力に頭が下がります。
この斜面一面にカタクリが咲くのも遠いことじゃないだろう。

斜面だから、いろいろな方向から写真が撮れた。
待つ時間もなんとなく楽しいものであった。

Ads by TOK2