錦帯橋で遊ぶ

2004、3、21

九州に出張することになり、移動日を有効利用♪して
何処かに寄り道しながら行こうと計画する。
前日の夜出発して、1日楽しみながら出張先の宿に到着すればいい。
まずは錦帯橋へ向けてひた走る。

錦帯橋に行くことにした訳
出発する昼のこと、テレビで錦帯橋開通!のニュ−スがあった。
「平成の大架け替え」と解説していた。
テレビには、橋を渡ってる人を写していたが凄い数だった。
こりゃ 行くしかない! と思った訳なんです。

東名・名神・神戸線・山陽道と走り
深夜0:30頃、錦帯橋そばの川原の駐車場に到着。
早速、三脚とデジカメとヘッデンを持って
錦帯橋に歩いた。

深夜にも関わらず、静かな錦帯橋を歩きたいと
少数であるがいました。

↓こういう景色を見るのは、真夜中が最高♪
静かで、とても風情があります。

kintaikyo

相棒達と錦帯橋を /■\_・) パチリ
テレビで見た人達は居なく、静かな静かな錦帯橋です。

                                                錦帯橋のシルエット↑

錦帯橋のシルエットは見えないね r(^_^;) ポリポリ
対岸に渡って写す。
ほんとに静かで最高♪
ア−チがなんとも良い。
朝になり、日の出と共に行動。
朝になって初めて知った。
「平成の大架け替え」って言ってたから、全部かと思っていたら、
手前の二つだけだった。
後日、パンフレットを見て…
平成13〜15年の渇水期(冬季)に半世紀ぶりとなる「錦帯橋・平成の大架け替え」が行われた。
この度の架け替えは、昔のままの形・構造通りに修復するもの。
総事業費約26億円の大事業だった。

工事は3期に分けて行われていたんです。
1期は、真ん中。 2期は、対岸側。 3期は、手前側。
だから、色が違って当たりまえだったんですぅ。
総て木製のア−チ橋
組み方を盗もうと撮影したが、よくわからない。

この仕組みは、
橋上からの圧力で強度が増し、一層丈夫になる仕組みだそうです。
錦帯橋と岩国城
開通二日目。真新しく朝露でよく滑る。
気を付けて歩いた。
木製のア−チ ほんとに素晴らしい♪
川の名は、錦川。
( ̄~ ̄;) ウーン・・ 匠の技♪
全景
ブル−シ−トの物は、イベントのライトアップの為のライトだった。
思い出のため撮影した。
岩国案内図

これで錦帯橋を見たのは、2回目だ〜
そう言えば、前回も出張の帰りに寄ったんだった。

寺・神社・城 あまり好きではないので、
このあと、秋吉台に向かった。

今日もこの後、錦帯橋は大勢で賑わうことだろう。
深夜と早朝に掛けて、静かな錦帯橋を満喫できた。
下界の観光地は、この時間帯が一番だね♪

五連の名橋 『錦帯橋』

幕府の『一国一城の制』により、天守を破却された岩国藩。
藩の象徴を失った岩国藩にとって、錦帯橋は城に代わる新たな象徴、
正に『水平の天守・水平の塔』でした。

                                               パンフレットより



Ads by TOK2