4月の木曽駒ヶ岳に登る

千畳敷→乗越浄土→中岳→木曽駒ヶ岳→千畳敷

2003、4、7 菅の台駐車場  7:12   <825m>
 快晴 微風 しらび平  7:50 <1665m> 1662m
千畳敷  8:08 <2640m>
 8:32
乗越浄土  9:54 <2835m> 2911m
10:08
中岳 10:45 <2890m> 2925m
鞍部 10:52 <2805m>
木曽駒ガ岳 11:18 <2950m> 2956m
11:45
鞍部 11:49
中岳 12:03
宝剣岳の肩 12:20 <2865m>
乗越浄土 12:40
千畳敷 13:10
ロ−プウェイ 14:20
しらび平 バス 14:40
菅の台駐車場 15:15


<   m>は、腕時計が表示した標高。誤差あり。

天気のいい日を狙って、久しぶりにアルプスに登りたい。
そう思うようになって、何処にしょうかとイロイロ考えた。
気軽に3000mの別世界を堪能できるところがあるじゃないか!
こうして初めて訪れる中央アルプス 木曽駒が岳に決まりです。

夜19:30自宅を出発して、菅の台駐車場に23:00到着。
片道151km。
やたらと広い駐車場には、車は数台だけだった。
6:00に目覚ましをセットして、早速寝袋に潜った。

kisoko

                    この広さにはビックリ! 朝は4台だけだった。      トイレ ↑

駐車場からの朝一番の写真です。
素晴らしい天気に、\(^o^)/
駐車場の入り口には、
バス&ロ−プウェイの券売所があります。

しらび平行きバスの始発は7時12分。遅れることなく乗車できた。
なんと!
バスには、今券を買っているおっちゃんと2人だけだった。
さすがにこの季節と平日ではこんなものか!
快適な旅が出来て、最高に嬉しい♪
ロ−プウェイも、もちろん2人だけ〜〜


もう少しで、千畳敷に到着です。

素晴らしい景色だ!
文明の利器を存分に発揮して、降りれば
そこは、2600mの世界♪♪
しらび平のロ−プウェイ乗場から、
もう宝剣岳が見えています。
ホテル前から見上げる宝剣岳&千畳敷カ−ル

二人で暖かい売店の前で、アウタ−を着て、スパッツを付ける。
おっちゃんは、ここから写真を撮るとのこと。ここで別れる。
外に出ると氷点下の世界になる。

外で、アイゼンを付けていたら、従業員に話し掛けられる。
従業員   「今日は何処まで行かれますか」
たけさん   「木曽駒ヶ岳まで行きます」
従業員   「ココは簡単に来れて、簡単に死ねるところです。」
        「あの乗越浄土までの急登で滑落すれば、岩に激突して終わりです。」
       「今年になって、もう4人も亡くなられています。充分注意してください。」
        「登山届は出していただけましたか」
たけさん  「はい、出しました。」
従業員    「ありがとうございます。」
たけさん  「どういたしまして」
従業員    「宝剣岳は登られませんよね。あそこはザイルが必要ですから…」
たけさん  「登りません」
従業員    「今日は雪崩は起きないでしょう!」
たけさん  「そうですか」
従業員    「では、お気を付けて〜」 
たけさん  「えぇ ありがとうございます。行ってきます。」

いきなり、「ココは簡単に来れて、簡単に死ねるところです。」とは、
(@L@) ビックリした〜
でも、↓この写真を見ると解るねッ!
準備していたら、ホテルに泊まっていた2人組が既に出発していた。(矢印)
後を追っかければいいんだ〜 気が楽になった。
前に誰も居なかったらどうなっていたことか?

しかし、乗越浄土までとんでもない登りだなぁ〜
果たして無事に登れるか、少し不安。
急登の写真であるが、写真ではなだらかに見えてしまう。
あとに出てくる写真で、傾斜を確認してください。
途中から、ホテルを返り見る。
雪の中にポツン。  いい場所に建っているんだなぁ〜
急登を登り切って、中央アルプスの山々を望む。

途中で追い付き、トレ−スのお礼を言う。そして、同時に乗越浄土に立つ。
二人組は夫婦でした。手前が嫁さん。旦那はピッケルのみでザック無し。

「昨夜のホテルは私達だけで、従業員も2人だけだった。
他の従業員はロ−プウェイで降りて行った。」と言っていた。
この季節で平日は快適ということだね。

西穂に行きたかったけれど、ロ−プウェイがメンテナンスで運休中で、
急遽ココへやって来たんです。とも言っていたなぁ〜
素晴らしい眺望だ〜〜
この景色を見ていると、疲れも忘れる♪
千畳敷の上部は、素晴らしい楽園♪
快適な散歩が出来る。風があるが微風だ!
来た道を返り見る。 ほんとに快適♪快適♪
和合山の肩部分に登頂していました。
中岳・木曽駒を眺める。
90分登っただけで、2900mの世界に居る。
ほんとに信じられない。ロ−プウェイの威力は凄いなぁ
間じかに見る宝剣岳
なんとも言えない凄い景色だ。
これを見えただけでも、来て良かったと思う。
風の芸術、 シュカブラ♪
中岳を見上げる。
快適空間がココにはいっぱいある。
宝剣と三ノ沢岳
もう ヾ( ^◇^)ノ最高っ♪♪
中岳山頂から木曽駒を眺める。
あれッ 二人組が居ない。何処に居るのだろう?
先を急ごう。木曽駒ヶ岳目指す。
誰も居ない山頂 独り占め〜
昨日の強風で足跡も何も無い。最高の一言に尽きる。
夫婦二人組は、中岳で大休止したもようだ。

乗鞍&北アルプスを遠望する。
来た道を返り見る。
遠くには、南アルプスの山々が見える。
祠も屋根の一部が見えるだけ
木曽駒山頂は、360度快適展望あり〜〜 d(^0^)b
山頂から、北方向を望む
北アルプスは遠かった。
木曾前岳と御嶽山を望む
木曽駒山頂から中岳を望む
この後、小屋を目指して尻セ−ドでヒュ−ンと下山。4分で到着した。
この稜線歩けるかなぁ〜 来年は反対側 極楽平に登ろう。
三ノ沢の山容
まさに三角形♪ いい形だ!
この写真を撮って、朝の言葉を思い出す。ザイルは何処で?
行ける所まで行って見るか。
ズンズン登って、ココで立ち止まる。
この上まで簡単に見えるが、急なんです。
足元は、滑落すると数百m、凄い傾斜。
ピッケルをおもい切り打ち込みながら、
登った。
登ったところより、三ノ沢の様子。

この写真で、いかに宝剣に近づいたか解る。
ココからは、前に行きたく無い!
こんな所を、ほんとに登る人が居るんかい?
おぉ 怖〜〜!
後を振り返り、中岳・木曽駒を望む
和合山と肩部分が乗越浄土になる。
右側の斜面を見てください。これが登って来た急斜面です。
すごいでしょ! (;´▽`A``  いい汗かけますよ
中央に富士山と南アルプスの山々です。
これが千畳敷カ−ルの全貌です。

        ↑間ノ岳     ↑西農鳥岳       ↑富士山            ↑塩見岳

ココから見る塩見岳はやたらと大きく見える。
蝙蝠岳の稜線も見える。
元旦には、富士山の真上から日の出が見えるそうです。
一度見てみたいものです。

この写真は、乗越浄土の急斜面を上から見たものです。
この天気の良さで認識出来るのは、ホテル&下の大岩&朝登ったアイゼンの跡だけ
これでガスってでもいたら…  まさに命がけ!

決死の覚悟で急斜面を降り、石を避けてから待望の尻セ−ドで降りる。(青線)
トレ−スを辿ってホテルまで戻ってきた。
右に迂回するのは、雪が吹き溜まりになっており、ラッセルはシンドイ。
ちょっとでも楽なコ-スをとると、必然的にこうなってしまうのです。
極楽平を見上げる。
一糸乱れぬ光景がここにあります。
ホテルから下界を見下ろす。
やっぱ、アルプスはいいなぁ〜〜


自然界と人間界との境目
もう一度、宝剣岳を見上げる。

ホテルの前で宝剣岳を見上げながら、観光客と話しをしていたら、
いっしょに楽園を歩いた夫婦の方が、帰る準備を整えて出てきた。
また会えるとは思ってもいなかった。

やはり、楽しい尻セ−ドのことで話が弾む。
なんと、この夫婦、宝剣の真下を尻セ−ドで降りて来たようです。所要4分だったと…
昼が過ぎ、2900mといえども雪は緩んでくる。落石・雪崩が気になり
ココを尻セ−ドするなど、マッタク考えられないことでした。
道理で、乗越浄土から下山した形跡が無かったんだ〜

とにかく御無事で良かった!
結構長い尻セ−ドを楽しまれたようです。

「尻セ−ドのめっ茶面白いところは、槍沢と常念の市の沢への下り」
と言っていました。
しっかり メモメモ 〆(。。) いつか滑ってみたい。
通路には、雪崩地図があった。
通行禁止範囲も記されている。



降りたらそこは2600m♪

真冬でも来れるところ、どなたでも…
来年は厳冬期に来るかな〜
どんな厳しさを体験できるんだろう?
氷点下20度 楽しみだ。
デジカメは作動するんだろうか?
こういう看板もあった。
帰りのバスで、日本カモシカが居るよ。と、運転手がバスを止めてくれた。
まだ、毛は冬の装いだ。
駐車場から、回想しながら撮る。
今日は良い天気だった〜




こまくさの湯

無色透明 露天あり、
宝剣岳を展望できます。

@500



いつも中央アルプスの下を走っていながら、全然登る機会が無かった。
こういうチャンスが無ければ、まだまだ登ることはなかっただろう。
夏には、バス・ロ−プウェイは長蛇の列になると聞く。
この時期は、最高ですな。

帰りのロ−プウェイは、客は自分だけ。
バスは3人だけ。
行きも帰りも貸切のような快適な旅だった。

雪崩にも遭遇せずに、ほんと良かった〜
アルプスの景色はやっぱりヾ( ^◇^)ノ最高っ♪♪

Ads by TOK2