北穂を歩く

GW前半は唐松〜五竜へ縦走した。
五竜の壁は凄かった!

GW後半も3〜5日と好天になるという。
五竜を歩いた疲れもなかったので、久しぶりに涸沢に行きたくなった。
5年ぶりの涸沢です。
そして、自称日本一の展望台と思っている “北穂”に行こうと思う。

GWでも深夜移動では渋滞は無かった。
走行距離198km。
23:30頃到着。

2007、05、03 上高地 6:18 <1530m>
 快晴のちくもり 明神 7:08 <1580m>
徳沢 7:50 <1660m>
横尾 8:48 <1730m>
本谷橋 9:53 <1875m>
10:54 <2125m> ヒュッテ見える
涸沢ヒュッテ 11:50 <2350m>
   
バスを降りたのは、6時18分と遅い。
今日、こんなに好天になるんだったら、昨日登っておくべきだった。
昨日は雨が降っていたのかなぁ〜?
明神も笑顔でお出迎えです。
徳沢 テントが多いね。
横尾付近で雪道になった。

今年は少ない。

今回で二回目だけど(o^_^o)v
   
横尾到着。
やっと林道歩きが終わり、ホッとする。
左の足にマメがもう少しでできるところだった。
林道歩きは辛い。
横尾からの眺めです。
ココに来て、いよいよと…心が躍る。


本谷橋 この時期初めて見た。
最近 板を復元したのだろうか?
 休憩地となっている。

いつものように、ザックを軽くする為
ここでアイゼン装着です。
今年のル−トは夏道のように
左の斜面を登る。急登だった。
南岳方面を望む。
谷はデブリばかり。
ありゃりゃ!もう雲が涌いてきた。
樹林の急登の先では展望が開けた。
バ−ン!と前穂の尾根がお出迎え。
奥穂や涸沢ヒュッテが見える。
今年のル−トはなだらかな登りになっている。
ラッキ−♪
奥穂と涸沢ヒュッテをズ−ム。
イイ眺めだなぁ〜
振り返っても、イイ眺めです。
今回も涸沢ヒュッテは遠かった。
この後、奥穂山頂付近に雷が一発発生!
びびった!
山頂は大丈夫だったのかと心配するが、ヘリの音がしないから
大丈夫だったみたい。
雷は予期していなかったのでビックリしました。
北穂の上空にも厚い雲に覆われた。
登っている方が見えます。
涸沢ヒュッテ前で振り返り撮る。
ヒュッテ手前が一番しんどかった。
涸沢ヒュッテから穂高の山々を望む。
テント村が出来つつある。
まだ12時廻ったところ、そのまま北穂に登ろうかと思ったが、
雷と厚い雲で躊躇、ココに入村することにした。
なんだ! この雪の壁は?
地震の後のように地殻変動が起こったようにみえる。
スゴイ景色を見せてくれた。
村が大きくなってきます。
風を避ける為に下段が人気。
皆忙しい!
上段も増えてきました。
隣では、焼肉が始まってイイ匂いに参った。
テント場所を間違えたと暫し後悔したよ。
3時頃には、小さな霰が降り雪に変った。
今日は予報に裏切られた感じだ。
雷や雪が降ろうとは…ガッカリ!


2度目の涸沢。
帰ってきたぞっ! っていう気持ち。
そんな気持ちにさせられる場所だ。

ココはほんとに人が多い。
沢山の人達を収容する二つの小屋はどんな込み具合であろうか?

Ads by TOK2