絶景 木津呂展望台に行ってきた

2019,08,03

出張の後、十津川村にある数多くの吊り橋を歩こうとグ−グルマップで、
色々探しているうちに、絶景 木津呂展望台があることを知った。

しかし、その展望台がどこにあるのか判らない。
テ−プも無いらしい。

他人様のGPSデ−タを頂いて行くことにした。
今年の夏は好天続きで気分は最高である。
好天が約束されているのは頼もしい。
この地形を見たときには驚いたよ。
なぜ このような地形が出来たのか不思議でならない。
山頂付近手前右が第一展望台である。
道なき道を下って展望台に着いた。
その後は、テ−プあり(途中まで)の道を戻った。

奥右は、第二展望台を探し彷徨った跡です。
探すことは出来なく宿題として残った。

4時間も遊んでしまった。
出会ったのは一人だけ!
☆画像右クリック「新しいウインドウで開く」で、パノラマが見えますが、少々苦労有りです。

道を突き当りまで来たら川原にでた。何台も駐車可能です。
しかし、
2駆は進入してはいけない!!
動けなくなりますから・・・

ここを4駆で走るのは楽しいでしょうね。
一台だけでは、さすがに冒険できないよ。

好天のはずなのに、暑すぎてなのかガスが掛かっていた。
涼しいうちに登ろうと思っていたのに、かなり待機しました。

絶景スポットは左方向
後方は、小さな観光案内所あり。

右の道奥が川原です。

きれいに整備されておりました。
いきなり気持ち良いです。
色々な看板あります。
   
   
途中左側に展望良しの場所あり。
まだ、ガスが取れません。
寒いときは雲海が見えるとか
これが最後の看板です。
この先には何もなし。
途中で見えました!
でも、丸く見えません。
まだまだ登りは続きます。
途中で行き過ぎが判明してバックし、この当たりかと道なき道を下ると、
展望台へのロ−プありの道に出た。
素晴らしい!  不思議な絶景!
ほとんど円形ですね。

ガスが上がるまで待つことにします。

時間はたっぷりあります。
☆画像右クリック「新しいウインドウで開く」で、パノラマが見えますが、少々苦労有りです。

何分待っただろう。
もうこれで良しとして、写真に残します。
尾根への帰りは、リボンのあるコ−スで戻ります。
尾根道 10mくらいまでリボンはありました。

尾根道からは、見つけることは難しいが、
少し入るとすぐ判るという、絶妙な場所にリボンはある。
☆画像右クリック「新しいウインドウで開く」で、パノラマが見えますが、少々苦労有りです。

この場所が展望台への分岐点。
パノラマでは矢印で表示有り。
そのまま進んで道路に降りようかと思ったけれど、
道路歩きが長そうなので、Uタ−ンしました。
途中で見えた展望です。

尾根分岐で、今日初めて登山者に出会いました。
初めてココへ来たみたいです。
展望台は探せたかな?
民家の石垣でしょうか?
腕の良さが伺えます。
気持ち良い道を戻りました。
汗だくの体を拭いて、木津呂の集落に入ります。
集落と、今登った尾根です。
ここには絶景ベンチがありました。
☆画像右クリック「新しいウインドウで開く」で、パノラマが見えますが、少々苦労有りです。

石垣のある民家。素敵な場所です。
☆画像右クリック「新しいウインドウで開く」で、パノラマが見えますが、少々苦労有りです。

展望台真下の川原です。
広〜い。
車を走らすことが出来ます。


降りてくると、ガスが取れました。
ガックシ!

この後、
川湯温泉に向かったが、川原で暑すぎ!
湯の峰温泉に行きました。
秘境という感じで良い場所でした。

つぼ湯には入れず!!


木津呂
正に絶景でした!!
宿題を終わらすため、再度来なくてはなりません。

世界遺産の《つぼ湯》


湯温90度 温泉たまごへ調理中
ここは 湯の峰温泉
Ads by TOK2