雨池山・縞枯山荘

2000、3、27 ピラタスロ−プウエイ
   猛吹雪 縞枯山荘 20分くらい

2000、3、28 縞枯山荘 7:20
   強風・快晴 縞枯山(途中で断念) 8:00 Uタ−ン
雨池峠まで戻る 8:15 <2340m>
雨池山 9:10 <2440m> 2325m
雨池峠 9:25
ロ−プウエイ駐車場 10:40 <1750m>
 

          <  m>は、腕時計が表示した標高。誤差あり。 


寝袋を持って、深夜ピラタスロ−プウエイ駐車場に着く。車は少ない。
眼が覚め、外を見るが見えない。車に雪が積もっているのだ。ドアを開け外に出ると、なんと猛吹雪。3月の終わりというのに、、、

とりあえず除雪をして、トイレに行き、車の中で待機。待てど待てど猛吹雪、一向にやむ気配が無い。昼が過ぎ、1時になり、登ることを諦め下界に下りる。
下界に下りて見ると、ちらほらと青空が見える。天気回復の兆候。よし戻ろう!

駐車場に来るとまだ雪である。支度をして、ロ−プウエイ駅に向かう。駅の中は、人人、人、、、その中にリュックを背負った子供たちがいる。この子供たちを見て、完全に迷いは吹っ切れた。

山頂駅に着き、山荘の方向がわからない。ひとに聞くとすぐ解るのだが、自分で調べて見たい。地図を出し、足跡を見極め方向を決める。外はまだ吹雪である。
コ−スを外すと、ズボッ!木に触れると、バサ! ほとんど平坦のコ−ス、ついに、
山荘にたどり着く。


山荘からは、煙が上がっており、安らぎを覚える。外はマイナス15度、中は堀コタツあり、囲炉裏あり、狭いが居心地がいい。
もちろん水は、天然のダムより補給となる。スコップでいっぱい掬って来ても、水になるのは僅か。たびたび掬ってこなくてはならない。

部屋は暖房などない。めっちゃ寒い。朝、ペットボトルの水は、カッチカチに凍っていた。
         
   
         縞枯山荘
   後の山に朝日が当たる。

風の悪戯

        Uタ−ンした所
ラッセルして登って来たが、ここからは雪が深く、Uタ−ンすることに。
 
 

 
        Uタ−ンして、反対の山(雨池山)へ登る。
山頂まで、直登。登山道は、吹き溜まりにて雪が多く、胸まである。
まず雪を掻き、足元を固め登るが、すぐずり落ちる。悪戦苦闘の末、登頂。するとこの景色。\(~o~)/
        雨池山
下山して撮影。雪の足跡は、もちろん私。
 
 

 
   
                   雪の芸術
昨日の吹雪が残して行った物、実に綺麗。三月終わりにして、この景色が見えるとは、、、ほんと運がいい奴だ!!
上:雨池山より南アルプスを望む。
下:  〃   山頂駅(中央)   
 
             この後、スキ−場の端を歩いて、駐車場へと下った。
          この山旅は、ストックとスノ−シュウを使用した。スノ−シュウを履くと、
          新雪の上を、気分良く歩くことが出来、爽快である。
 

Ads by TOK2