岡山県
白石島を歩く

2015,2,3

田舎からの帰りに、ちょっと道草をしてきました。

この島には、天然記念物の鎧岩があるということで、
来たという訳なんです。

のんびりと各港停船で・・・
堤防に船の先端だけを押し付けて、乗り降りし、すぐ出発します。
早いのなんのって!
ぐるっと一周しました。
一番の標高でも170m。 累積標高(+)は700mと意外とある。
定期船とフェリ−のりば
この時は、フェリ−乗り場を調べてなくて、フェリ−は全く頭に無かった。
島への出入りはフェリ−が最高なのです。
いつまでも眺めていられるから・・・
今回は真ん中の島 白石島です。
駐車場から歩いてきました。 この船で出発するようです。
白石島は、一日8便
行き 帰り
路線バスを思い出した。
なかなか面白い
もうすぐ到着します。
洋上アルプスのようだ。
地図を見て、歩くコ−スを確認します。
誰にも会わず静かです。
山を見上げると、大きな岩が確認できる。
嬉しくなってくる。
路地裏を歩いて、この分岐に来た。 裏側を見て、ここが登り口確認。
少し登っただけで、この眺め。
山頂ごとに大きな石があり、展望が楽しみである。
大きな石に早速登った。
360度海が見えて最高な眺めです。
大きな木が無くて、素晴らしい連山ですね。
振り向けば、海と町が一望できる。
石の上は最高です。
標高150m足らずの山なのに、こんな眺めがあるとは・・・
なんて山なんでしょう、歩く道が見える。
手彫りの階段もある。
眺めの良いベンチもある。
瀬戸内海です。
四国の山々です。
今から歩く道が見える。
山頂ごとに大きな石が待っていることが嬉しい。
標高150mでこの景色は信じられない。
この岩にも登ることが出来る。
ここから
山頂ごとに、ぐるっと展望できて
嬉しくて嬉しくて
のんびりします。
鎧岩山頂部
登りやすいように木を打ち込んでいた。
一番高い岩
登るには一苦労したよ。
この山頂部には10m程の木のトンネルがあった。
この連山で木のトンネルはここのみ。
眼下がすっきり見える場所であった。
次への道
鎧岩への道
鎧岩山頂
中央の岩は五右衛門釜かと思ったよ。
岩の上でまたまたのんびりします。
振り返れば、海上アルプスが見える。
糊付けしたように見える。
鎧岩の場所が判らず、キョロキョロして見つけたよ。
真上から見てみたい。(ロ−プ必要)
山頂からかなり下ってきました。
見てみたかった鎧岩に来ました。
糊付けしたようにくっ付いてますね。
まっすぐで不思議です。
縦走路に戻り、次に向かいます。
ここの岩には、危険で登れなかった。
振り返ります。岩が多いですね。
下り途中でも大きな岩がある。
ここも危険で登れない。
下りでも眺めが良い。
ほんとに不思議な島だ。
岩が多いです。
砕石場
今も稼動しているんだね。
芸術的な地産地消の堤防
唯一の砂浜
島に来ればきれいだ。
フェリ−に乗りたいが、どれだけ歩けばいいのか判らず諦めた。 少し待って、高速船で帰ることにした。
普通便の2倍ほど高いが、次の便がこれ
だったのです。

山では誰にも会わず貸切だった。
砂浜で1人のおっちゃんに出会っただけ。
ほんとに静かな島でした。

標高150mなのに、大きな木が無かったのが不思議です。
水はけが良過ぎるためなのかなぁ。

一番嬉しいのは・・・
山頂ごとにある大きな石と約束された大展望。

青空のとき、この島にまた来たい。
Ads by TOK2