剱・早月尾根を歩く

早月小屋の管理人さんが、今年いっぱいで山を降りられると聞いて
一度行かなきゃっ! と思い行くことにした。

予報は月曜日は良いみたい?
これを信じ、日曜日の降水確率70%だったが、
管理人さんの好物&新鮮野菜を仕入れて出掛けた。

剱岳に行く時には、
剱岳の麓に住んでいて、お世話になりっぱなしのネッ友ナイスさんを
尋ねようと思っていたので連絡を入れる。
なんと会うことになった時間は、朝の5時半という考えられない
時間を指名。申し訳ありません。我がままで…
久々の再会に涙ウルウル(┰_┰)
また、途中まで道案内してくださり、ありがとうございました。

管理人さんへボッカしますということで、ナイスさんが丹精込めて
作られたものを預かった。

2005、9、11 馬場島 7:21 <655m> 760m
雨 のち 松尾平 8:03 <915m> 1000m
    ドシャブリ 1200m 8:48 <1160m>
1400m 9:29 <1355m>
1600m 9:56 <1460m>
1800m 10:38 <1660m>
2000m 11:35 <1900m>
早月小屋 12:34 <2110m> 2200m
<  m>は、腕時計が表示した標高。誤差あり。

朝起きてすぐ雨が降り出したが、お会いしてた時には雨はあがった。
でも、空は雲でいっぱい。
馬場島に到着し、準備を整え車から出たら雨が降り出した。
カッパを着て、さぁ出発と思ったとき雨が止む。
カッパを脱ぐ。

さすがにザックは重い。
小屋泊まりなのに… 今年一番のザックの重さ!
差し入れの品+お酒2Lに、二日分の水(3L)、ジュ−ス1.5L 他。
そりゃ重いわなぁ〜

いきなりの急登に脹脛がピクピクしてる。膝にもかなりの負担。
小屋まで辿り着けるやろか?
今日は小屋までだから、ゆっくり登れば辿り着けるだろう。
ボッカするのも今回が最後かと思うと寂しさが込み上げてくる。

途中雨がパラパラと降り出したが、樹林帯で雨が防げる。
勢い増したかと思って、カッパを着ると雨が止むこと3回。
1800mからはドシャブリになった。
登山道も雨水が流れ出してきた。
ドシャブリになってからは、ザック内の食料を開けることが出来なく、
水だけ飲んでヒタスラ登った。

朝、
たけさんより先に1人登った方がいたが、この天気で日帰りするそう。
この天気で日帰りなんて、体力作りか? 展望ないのに…
登頂出来たのだろうか?会うことは無かった。
下りの方は10人程出会ったかな。

ドシャブリの中 やっと小屋に到着。
小屋の玄関で雨宿りしている方が3人いた。
色々お話しながら、カッパ他を乾燥室に干す。
管理人(田制さん)さんが出てきた〜
「おぉ 来たんかい」 と言われ、覚えていて下さったことに安堵した。
差し入れの品をお渡し、大いに喜ばれてほんとに良かった。
昨日は息子さん(地元の年配の方3人連れて)も泊まっていったそうです。
途中で出会った好青年がそうだったみたい。
笑顔がステキと好評。

3人の方も下山した。
このドシャブリでは登って来る者はいないでしょう。
昼食に呼ばれ、いっしょに御馳走になる。
「お酒飲む〜」 と言われるが下戸なんですよ。
代わりにお茶を頂く。
なんと、湯のみとポットのまま出され(笑)
タラフク温かいお茶を頂いた。
汗をいっぱい掻いた後の温かいお茶はほんとに嬉しいものだ。
朝、雲がいっぱい! さぁ 早月尾根を登るぞっ!
途中でガスが取れ、雲海を暫し眺める。
今から登る尾根を見上げる。
写真を撮ってすぐガスが上がってきた。
登りで展望できたのはココだけだった。

…---…---…---…---…---…---…---…---…

昼食を頂いてる時、
トランシ−バ−から富山県警レスキュ−隊の会話が聞こえる。
隣の大日岳の尾根で足を骨折された方をおんぶして称名平に向かっているよう。
ガスが立ち込めているのでヘリは飛べない。 人力では、ほんと大変だ!
3時を過ぎ、雨は小降りだけど視界は開けた。
トランシ−バ−から 富山空港をヘリが離陸した。と流れる。
待つこと25分。
現場、大日小屋近くの鞍部で怪我人を収容。
肉眼でヘリは確認できた。
ほんとにガスが晴れてよかった。

下山時は疲れから膝の踏ん張りが弱って転ぶ。
60歳以上の方の救援が多いようです。
若い者も過信する事無く、一歩一歩慎重に歩きましょう。
本峰も見えてきた。
視界クッキリ!
能登半島も見渡せる。
早月小屋から下界がこのように見えるとは、今まで知らなかった。
プレ−トは思い出に撮っておこう。 管理人さん夫妻
夕食の準備に入りました。
空が焼けてきたぁ〜
どひゃぁ〜っ 奇麗な夕日でした。
水平線に沈むまで、夕食中断して3人で眺めていました。
太陽が沈むのはほんとに早い。

写真ではこんなんだけど… 肉眼で見ると一万倍素晴らしかったv(o^_^o)v
この後の夜景も奇麗で、大きな夜景を見るのも久しぶりだった。
それにしても早月小屋から下界の展望にビックリ!
こんな眺めがあるなんて… 驚いた。


他の登山者は現れなかった。
今日は貸切!

夕食は、こんな時しか出来ないからと焼肉でした。
担ぎ上げたレタスを巻いて…
ナイスさんが育てた、サツマイモを焼いて…
ナイスさんが育てた、柔らかたまねぎをサラダにして…
担ぎ上げた長芋をとろろにして…

ナイスさんありがとう♪
美味しく頂くことが出来ました。
剱岳の水で育った新米は頂くことは出来ませんでしたが、
管理人夫妻があとでゆっくり頂くと…
「ほんとにありがとう♪」とよろしくお伝えください。と伝言です。

明日は晴れそうですね。と言うと
下界がクッキリ見えるときは、天気はあまりよくないんよ。と水をさされる。
予報を聞いて、
朝食は無しで、弁当作って下さいとお願いする。

テレビでは衆議院選挙の開票が進められている。
郵政民営化で、自民党が優勢らしい。
ブレ−キの効かない○○党
この先日本はどうなるのか!


(投票は早々と済ませていました。)

色々とお話し、消燈9時。
二階に上がって、眺めのいい部屋に寝た。
部屋の真ん中に、大の字になって…

Ads by TOK2