4月の蝶ヶ岳 長塀尾根を登る

中の湯→徳沢→長塀山直前→徳沢→中の湯

2003、4、17 中の湯  5:30 <1240m>
  快晴・無風 釜トンネル出口  5:52 <1395m>
大正池  6:31 <1410m>
上高地バスP  7:10 <1420m>
明神  8:08 <1410m>
カンジキ装着  8:47 <1450m>
徳沢  9:33 <1445m>
 9:46
奥穂の展望台 15:49 <2280m>

2003、4、18 アルペンホテル  6:25 <2380m>
  晴れ・無風 小ピ−ク  6:49 <2410m>
徳沢  9:07
明神 10:57
河童橋 11:56
バス発 12:30
中の湯 12:53

 


<   m>は、腕時計が表示した標高。誤差あり。

三日間ピ−カンという恵まれた予報が出て、何処かに行きたいと…
代休と誕生日休暇を貰って、
合わせて2日間で、蝶ヶ岳にこの時期行って来れるのだろうか?
目標は、奥穂のモルゲンロ−トをGetすること。
テントを背負って、挑戦してきました。

夜8時30分に自宅を出発、中の湯に12時30分頃到着した。
ガ−ドレ−ルの内側に車を留める。そして、寝袋に潜った。
往路片道198km。帰路、高山経由230km。

tyobei  
トンネルから出てすぐの所
もう除雪も完了していた。
今年は、雪崩危険箇所に看板が出来ていた。
上高地まで危険箇所は3箇所あります。
大正池に到着してみると、霧がかかって霞んでいた。
中の湯から日帰りという方と、ここまで2人で
歩いてきましたが、ここで写真に没頭するらしい。
ここで別れる。
大正池から見る、西穂〜奥穂ル−ト
こうして見上げると、歩いた時のことを思い出してしまう。
大正池の残雪 思っていたより少なかった。
ここからは独り旅だ!
影の部分には
アイスバ−ンとなって若干残っていた。
上高地に続く、快適散歩道♪
しかし、
上高地や小屋の準備のため、業者のトラックが頻繁に通る。
排気ガスが堪らない。
上高地まで来て、なんで排気ガスを吸わなければならないんだ! ショック!
暫し、ガスが薄れるのを待つ。
こうでもしなければ歩く気がしないのだ。
上高地バスタ−ミナル駐車場からの大展望
駐車場には、雪の塊がゴロゴロあった。
でも、次の日には奇麗さっぱり塊は無かった。一日で除雪したようだ。
河童橋を入れて撮ったのですが、山に露出を合わしたから…
河童橋は消えてしまった。
ド迫力の焼岳
西穂を見上げる
奥穂を見上げる
水溜りに出来た氷の模様。
寒冷故の素晴らしいモヨウだ!
上高地の雪の小谷
明神に向かって、既にブルド−ザ−で除雪していた。
ぐちゃぐちゃの雪の壁が何処までも続く。
明神岳を見上げる 徳本峠の分岐で除雪が終わっていた。
そこからは残雪の中を歩く。
ズブズブと足が潜る。
潜るたびに、ブロ−の如く足に堪える。
先を考えて、カンジキを履いた。
素晴らしい天気だ!それも無風。
やたらと暑い!
陽だまりの中を歩く。
影が心地良い♪
川原を歩いてみたら、展望は最高。
でも、あ・つ・い。
遠かった徳沢にやっと到着です。
まだまだ雪はたっぷり残っていた。
長塀山まで4.5km。蝶ヶ岳まで夏時間で4.5H。
今10時前、蝶ヶ岳まで行けるとこの時は
確信していた。
黙々と樹林の急登を登る。
トレ−スが無い!昼近くになって、雪も腐っている。
悪戦苦闘しながら、登り続ける。
歩行打ち止めを4時に決め、登り続けた。
3時40分に遂に奥穂が眺望できる少し開けたところに到着。
上を窺うが樹林が続いていて、まだまだ蝶ヶ岳は見えない。
これ以上の展望は少し歩いたくらいではないだろう。と自分に言い聞かす。
精も根も使い果たし、もうヘロヘロだ。眺望の一等地にアルペンホテルを設営した。

無風の暖かい太陽の陽射しを浴びて、90分程昼寝。
暖かく・景色良く、最高のひと時を過ごす。
蝶ヶ岳に行けなくても、この景色で充分だ。
明日の朝、もう少し登ってみよう。
残照に照らされる、奥穂の壁♪
北穂のド−ムがはっきり判るのに、歩いた時には全然判らなかった。
意識して歩かないとダメだねぇ
おぉ! 素晴らしい夕日だ――。
アルペンホテルの窓から見える、素晴らしい景色。
これで明日のモルゲンロ−トをGet出来るぞ−。

日が沈むと、轟々と風が出てきた。一晩中強い風が吹きっぱなしだった。
でも、不思議なことに、日の出と共に風は無風となった。
これだから、自然は判らない。
日の出の時間になったが、背後は厚い雲が太陽を遮る… ありゃ〜
これだけ頑張っても、まだ足りないと言うことか!
あ〜〜〜〜仕方が無い。
太陽を撮るが真っ白 アルペンホテルは、今日で閉店。
フライシ−トは軽量化の為持って来なかった。
(天気が良かったから)


ホテル閉店後

一段上のピ−クまで登った。
でも、視界が無い。
次のピ−クまで行くことにした。
後悔しない為にも…
そこで、やっとこの写真をGet!

ここからは、なだらかに続く
樹林帯のコース
面白いコ−スなのに、
今日帰らなければならない。
時間と体力も、もう無い!
ここでUタ−ンするしかなかった。
 
御嶽山、乗鞍岳、霞沢岳
この場所が無かったら、今回のペ−ジはパ−だった。
樅の木が育ったら、この景色もなくなる。
アルペンホテルの敷地内からの大展望
樹林の中を、黙々と下る。

途中で、久しぶりに人に出会う。
昨夜徳沢でテント泊して、身軽になって蝶ヶ岳をピストンするという。
2泊だから、このように計画できるんですね。
登る途中で、これを拾って来たんだけど…正しく、私のデジカメの説明書の写しだった。
地図を出し入れしている時に毀れたんだ。感謝・感謝!

また、車の話になって、
登ってきた人が中の湯に来た時、ガ−ドレ−ルを取り外していたよ。
あの道の真ん中に留めていたジムニ−はどうなるんだろうね。
えッ それは私の車ですよ。一気に現実に戻された。

中の湯に来た時にはガ−ドレ−ルがあり、その内側に入れておいたのですが、
上高地のバスの開通に合わせて、ガ−ドレ−ルを取り外したようです。
今日がバスの開通日だとは、マッタク知らなかった。
駐車違反になるのか! なるようになれッ! もう開き直り。
河童橋から、またまた奥穂を見上げる。
こんなに天気がいいのに、朝焼けが見えないとは…
付いてないなぁ〜
今日は観光客がチラホラ。(60人程)
明神まで行く人が多かった。
バスタ−ミナルから河童橋への道
樹間から奥穂を眺めながら、気持ちはウキウキ♪
いつもこんな気持ちにさせられるところ。
バスタ−ミナルの二階から
まさに道の真ん中にあるではないか。
駐車違反になっているのか。ハラハラ
近づいて行くと、ワイパ−に紙切れが挟まれていた。
イエロ−カ−ドだった。良かった〜
豊科警察の寛大な処置に、感謝・感謝!
平湯の峠から撮った 笠ヶ岳
中の湯からトンネルを抜け、「平湯の湯」の露天風呂に長々と浸かった。
そして、露天風呂からは“笠ヶ岳”が見える。
@500

明神館や徳沢園では、雪掻きに大童。
ショベルカ−を使って除雪していた。


徳沢で、「ジュ−スありますか?」と聞いてみたら、
一言 「無いッ!」 って帰ってきた。
まぁ当然か! でも、言葉使いに気を使わないとね。
このようにネットに流されてしまうよ〜

帰りのバスには、乗客は6人だけ。
当然、待ち時間も無し!
上高地の店も、雪かき、準備に忙しそうだった。
初日だから、店も完璧に整っていない。

やはり、この時期でも一泊で戻って来るなんて無謀だった。
失敗すると、とてつもなく行きたくなる。
次は必ず…

Ads by TOK2